セルライト除去は自宅で!セルライトケアにおすすめのグッズと方法とは【2024最新】

7 min

セルライト除去のケアを自宅でするならどんなグッズがおすすめ?
自宅でセルライト除去ができるならどういったケア方法があるのかな?
セルライトの除去を自宅でできる器具の口コミやランキングは?
セルライトの自宅ケアにおすすめな家電製品や電気機械は?
セルライト除去をホームケアでできる除去グッズの口コミは?
自宅でセルライトを潰す・取るのにおすすめの機器は?
セルライト分解を自宅でしたい!除去するのにマッサージ器で簡単にできる方法は?

自宅セルフで太もものセルライトケアができる、エステのもみほぐし級の効果がある道具やマシンはあるの?

セルライト除去におすすめのセルフエステグッズはこちら!

ボディアーキ
商品名
サービス名
ボディアーキ 自宅deエステ リファフォーボディ
料金 デイメンバー45
11,000円
セルゼロマックス
21,780円
36,300円
特徴 時間内で好きなだけ
好きな部位を施術
できる
自宅にマシンをすることで
24時間使い放題
ゆるみやすい肌も
美しく引き締まる
詳細 詳細へ 詳細へ 詳細へ
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
※価格は税込み価格です
※2024年1月時点での情報です。詳しくは各サイトをご確認ください。
スクロールできます

いつの間にかできてしまうセルライトに、悩んでいる女性は多いですよね。

「セルライトをなくしたいけど、どうやったらなくなるの?」「セルライトはエステじゃないと消えないの?」と悩んでいる人のために、今回は自宅でできるセルライト除去の方法を解説します。

この記事では、セルライトができる原因や・対策方法・セルライトが除去できるマシンを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

セルライトとは

セルライトとは、脂肪細胞の塊です。

セルライトによって老廃物が排出されにくくなり、排出されない老廃物と脂肪細胞が混ざり、より肥大化し皮膚の下で目立ちはじめます。

9割の女性は身体のどこかしらにセルライトがある」といわれていますが、見た目が悪いため解消に悩む人が多いです。

セルライトができる原因

セルライトができる原因は、老廃物が排出されずに脂肪細胞と混ざり合ってしまうことです。

セルライトに悩んでいる人は男性よりも女性に多いですが、女性は筋肉が少なくむくみやすいため、老廃物が滞りやすいことも原因に挙げられます。

そのため、冷え性の人やむくみやすい人は、セルライトができやすい体質の可能性が高いです。

自宅でセルライトを除去する方法

「エステサロンじゃないとセルライトを除去できない」と思っている人は多いですが、実は自宅でもセルライトを除去できます

セルライトを除去するためには老廃物を排出し、筋肉量を増やすことが大切です。

自宅でできるセルライト除去の方法は、運動をすること・マッサージをすること・家庭用キャビテーションなどがあります。

運動

老廃物を停滞させないためには、筋トレなどを行って筋肉をつけることが大切です。

また、有酸素運動は効率的に脂肪を減らせるので、ダイエットはもちろんセルライト除去にも最適。

筋トレ有酸素運動を上手に組み合わせることで、自宅でもセルライトを除去できます。

マッサージ

マッサージには脂肪へのアプローチ効果がありません

しかしマッサージを行うと、筋肉のコリをほぐし、むくみを解消もできるので老廃物の排出に役立ちます

冷え性解消にも役立つので、むくみ・冷えが気になる人は、運動とマッサージを併用することがおすすめです。

キャビテーション

キャビテーションはエステサロンや美容クリニックなどでしか行えないイメージがありますが、実は自宅でもキャビテーションが行えます

最近では、業務用キャビテーションのレンタルが行われ、出力の強いキャビテーションを自宅で行うことも可能です。

自分でできる!セルライト撲滅マッサージ

ハンドマッサージでのセルライト除去であれば、特別なものを用意しなくても行えます。

セルライトを除去したいと思ったら、まずはマッサージから取り入れるのがおすすめです。

今回は、脚のセルライトを撲滅するマッサージを紹介します。

脚のセルライト撲滅マッサージ

脚のマッサージをする時は、ボディオイルやボディークリームを塗布して、すべりをよくして行いましょう。

何も塗らない状態でマッサージを行うと、摩擦で肌を傷めてしまう可能性があるので注意してください。

  1. 手をグーにして、足首から膝裏に向かって、少し圧をかけながらさする
  2. 親指以外の指4本を膝裏に当て、膝を押し上げるように押す
  3. 両手で太ももをつかみ、膝から脚の付け根にむかって揉む

セルライトを作らないためには

セルライトを作らないためには、老廃物をため込まない、脂肪細胞を肥大化させないことが必要です。

老廃物を溜めないためには、むくみを解消し、血流の循環をよくしておくことが大切。

日々適度な運動をし、むくみを解消しておくことで、セルライトを抑制できます。

本格的にセルライトを除去したい方はセルフエステもおすすめ

自宅でのケアだけでは物足りない方には、セルフエステに通うという方法もあります。

セルフエステとは、店舗に出向いて自分で施術を行う代わりに、本格的なエステマシンを割安で使用することができるものです。

よりはやく、効果的にセルライト除去をしたい方にはセルフエステもおすすめです。

ボディアーキ

ボディアーキは定額制のセルフエステサロンです。

店舗に行く必要はありますが、本格的なエステマシンを低価格で利用できるため、効果をしっかり出したい方に人気があります。

ボディアーキは初回無料体験が可能です。
無料体験ではマシンの使い方をスタッフから教えてもらい、実際に施術を行うほかに、体重・筋肉量・部位別体脂肪率などもを計測し、体に合わせたマシンの使い方や効果的な痩せ方のアドバイスをもらうことができます。

メリット

ボディアーキでは、高級エステサロンでも使用されているフォースカッターというマシンを使用できます。

フォースカッターはセルライト除去やシェイプアップだけでなく、リフトアップや肩こりや腰痛の軽減などあらゆる効果が期待できるマシンです。

時間内であれば好きな部位を好きなだけ施術できるのも、ボディアーキの大きなメリットです。

デメリット

ボディアーキはセルフエステサロンのため、自宅で施術することができません

また、マシンのレンタルも行っていなため、フォースカッターを使用するためには実際に店舗に通う必要があります。

ただしボディアーキは全国に42店舗あり、ほとんどが駅から近い場所にあるため、学校や仕事帰りに通いやすいことが特徴です。

料金

ボディアーキは45分・75分の時間制となっており、open~closeまで好きな時間で通えるオールデイメンバーと、open~16:00までのデイメンバーのプランがあります。

定額制のセルフエステサロンため、同じ料金で月に何度も通うことができます

詳しい料金は以下の通りです。

プラン 料金
デイメンバー45 11,000円
デイメンバー75 13,200円
オールデイメンバー45 14,300円
オールデイメンバー75 16,500円
ビジター(45分) open~16:00 6,600円
16:15~close 7,700円
※価格は税込 ※公式サイトを参照 ※2023年4月現在

自宅でセルライトが除去できるおすすめのマシン

ここからは、自宅でセルライトが除去できるおすすめのマシンを紹介します。

どのマシンも気軽に使用できるものばかりなので、自宅でセルライト除去ができるマシンをさがしている人は、参考にしてみてください。

リファフォーボディ

二の腕やお腹、脚にフィットする4つのローラーで、効果的にマッサージが行えるボディー用マッサージローラーです。

ハンドルにソーラーパネルが取り付けられていて、微弱のマイクロカレントを発生させ筋肉に作用させます。

JIS基準をクリアした防水加工がされているので、お風呂に入りながら使用することも可能です。

メリット

リファフォーボディーのメリットは、使える部位が多いことです。

ボディケア専用に設計されているので、お腹・太ももの裏・二の腕など、身体のあらゆる場所をマッサージできます。

ローラーが自在に動くので、どの角度からもローラーを転がせるため、使い勝手がいいことも魅力です。

デメリット

リファフォーボディーのデメリットは、重量があることです。

重さがあるため、長時間の使用には向きません

また、力を入れて使用すると皮膚が挟まれ、強い痛みがあるため、力加減に注意が必要です。

美ルルキャビスタイル

美ルルキャビスタイルは、キャビテーションRF温熱振動エステ赤色LEDができる家庭用美容マシンです。

RF温熱機能と振動エステを同時に行うことで、効率よくセルライトを除去できます

美ルルキャビンスタイルは、引き締めるだけではなく赤色LEDでエイジングケアも行えることが魅力です。

メリット

美ルルキャビンスタイルは、コンパクトな設計になっているので、女性の手でも使いやすいことが魅力です。

キャビテーションやRF温熱、振動エステでボディケアをし、赤色LEDでアンチエイジングができるため、ボディケア用美容家電と、美顔器別々に買う必要がありません。

また、専用のクリームやジェルが必要ないので、お気に入りのボディークリームを使いながらボディケアができます。

デメリット

美ルルキャビンスタイルは、防水加工がされていないため、浴室での使用ができません。

使用後の水洗いもできないため、汚れが気になるときは、ティッシュやタオルなどで拭き取るようにしましょう。

また、充電式のため使用時に電池のチェックをしてから使うのがおすすめです。

キャビスパ RFコア PLUS

キャビスパ RFコア PLUSは、キャビテーション・RF・EMSが行える家庭用ボディケアマシンです。

従来の製品よりも出力が高く、より効果を実感しやすくなっています。

また、EMSが2種類に増えているため、効率よく筋肉に作用させられるよになりました。

メリット

キャビスパ RFコア PLUSは、従来のキャビスパと比較して出力が高く、セルライトへの効果もより実感しやすくなっています。

また、種類が増えたEMSとキャビテーションを同時に行えるため、筋肉の奥までしっかりと刺激を伝えられることが魅力です。

ボディだけでなく、フェイスケアもできるため、1台でいろいろな使い方を楽しめます

デメリット

通常使用時に問題視されることはありませんが、お風呂で使用すると滑りが悪いという口コミが多く、お風呂で使用したい人にとってはデメリットといえます。

水溶性のジェルを別途購入するなどして使用すると、滑りの問題は解決できるので、お風呂で使用したい人は、ジェルも一緒に購入しましょう。

また、溝にジェルが溜まってしまうことも多いようなので、使用後はジェルの拭き取りを忘れないで行ってくださいね。

ヒートキャビシェイプ PRO

ヒートキャビシェイプ PROは、エステティックサロンTBCから販売されている、家庭用複合美容器です。

キャビテーション・RFEMSLEDの機能が搭載されていて、フェイスからボディのすみずみまでケアできます。

ハンドルが長いタイプなので、背中への使用も簡単です。

メリット

家庭用キャビテーションマシンは、同時に使える機能が2種類程度のものが多い中、ヒートキャビシェイプ PROはすべての機能を同時に使用できます

そのため、短時間でキャビテーションRFEMSLEDを照射できることが魅力です。

ハンドルが長いため、脚や背中にも使いやすく、30分以内であれば、浴槽内でも使用できます。

デメリット

出力が強めなため、キャビテーションやEMSをしたことがない人には刺激が強く感じる可能性もあります。

しかし、出力の強さは自分で変更ができるため、痛いと感じたら、出力を下げるようにしましょう。

また、肌をしっかり濡らしたり、化粧水、ジェルを塗布しなおすことで、痛みが軽減することもあるので、痛みが気になる人は試してみてください。

自宅で高性能なマシンを利用するならレンタルもおすすめ

エステで実際使われているマシンを家庭で使いたい」という人は多いですよね。

そこでここからは、個人がレンタルできる、業務用マシンを紹介します。

自宅deエステ

自宅deエステは、セルフエステサロン「じぶんdeエステ」が開始した、業務用マシンレンタルサービスです。

レンタル会員になると、全国にある店舗へも好きなときに好きなだけ通えます

家にいるときや外出先で、思い立った時にセルフケアしたい!という人におすすめです。

メリット

自宅deエステはプランによってマシンが異なり、自分の使いたい機能が搭載されているマシンのプランが選べます。

どのマシンもサロンで使用されているもののため、家庭用マシンに比べて高い効果が期待できます

また、高性能なマシンを選ぶと、すべてのヘッドにRFが搭載されているため、効率よくセルライトの除去が可能です。

デメリット

自宅deエステのデメリットは、業務用マシンをレンタルしているため、マシンが大きいことです。

自宅が狭い場合や、物が多く、置く場所がない場合は利用できません。

また、業務用マシンは出力高いため、注意してケアを行う必要があります。

料金

自宅deエステは6種類の機械が用意されています。

それぞれの金額は以下の通りです。

機械名 料金
セルゼロマックス 21,780円
セルゼロバッグ 21,780円
セルゼロファスト 28,380円
ジェイディーイーゼロ 28,380円
ブイシックスケア 28,380円
セルゼロプロ 32,780円
※価格は税込 ※公式サイトを参照 ※2023年4月現在

セルライトは自宅でも除去できる!

「セルライトの除去は、エステサロンに行かないとできないんじゃない?」と思っている人も多いですが、実は自宅でもセルライトを除去できます。

マッサージや運動、セルフエステなど複合的に行うと、より効率よくセルライトを除去できますよ。

最近では、業務用マシンを自宅にレンタルすることもできるので、セルフエステを行いたい人は、チェックしてみてください。

関連記事
目次