トップページへ

白井田七シリーズ

田七人参について

■学  名 Panax notoginseng
■別  名 三七人参
■基  薄 ウコギ科 ニンジン属 多年生草本
■産  地 南省文山州-硯山、西疇、広南 広西省-田陽、靖西 他
■薬用部位 一般的には「根」のみ使用します。
■成  分 サポニン (7%~12%)を含有し、その主成分はジンセノサイドRg1, Rb1,Rg2 です。  その他少量のジンセノサイドRa,b2,d,eを含有し、また、ステロ-ル、フラノボイド等が単離。

田七人参は、現存する人参属植物の中では、最も原始的なものと推定されています。 中国の著名な植物学者らは「田七人参は第三記古熱帯に遺留された植物で、わずかに雲南省および広西省にしか分布していない」と指摘しています。
この雲南省と広西省が接している海抜1200~1800メートルの山地で、田七人参は長年の風雪に耐えながら「生きた化石」あるいは「古代の証人」として生きのこってきました。
田七人参ははるか昔から「人間の血液の需要に応じて変化する、摩訶不思議な効能をもった聖薬」として珍重されてきたのです。

ウコギ科人参属の植物の根菜で、7年かけてやっと育つために田七とよばれるようになりました。田七はまたの名を「三七」「田三七」ともいいますが、これは田七が育って収穫できるようになるまでに3~7年かかるところから、そうよばれるようになったという説もありますが、本当は、田七の葉の形態が、茎に葉がついているところが三つで、それぞれに7枚の小葉が手を広げたように出ているところから名付けられたのが真相のようです。

いったん収穫すると、その後、その土地は10年間、雑草も生えないほどにやせ細ってしまうと言われています。土壌の栄養分をことごとく吸い上げてしまった田七人参は、色は黒褐色で、固い石の塊のようにごつごつしていて、朝鮮人参や西洋人参とは似ても似つかぬ形をしている。食しようにも、そのままでは文字通り歯が立ちません。 田七人参はこのように成長するまでが難物で、量産できないために、中国では別名「金不換」つまり「お金に換えられない」と言われているほど貴重なものとされていたのです。

田七人参について

白井田七のこだわり

経済発展に伴って商業主義がはびこり、田七人参の外観を良くする為にロウや黒墨や鉛を塗るなどの悪弊が蔓延しています。私どもは品質管理を徹底するため、収穫から洗浄、乾燥、保管まで、厳格な基準を設けて、社員みずから逐一管理しています。

中国奥地、雲南省の硯山県という地域。ベトナムやラオスとの国境近くです。そこのさらに奥の人里離れた標高2000mの高地に山を一つ借りて栽培用地としたのです。
他の田七人参の栽培地からも隔離されたこの地を選んだのは、農薬や農薬で汚染された農業用水の影響を完全に断つためでした。

中国

土壌そのものの力を最大限に高めるため、「有用微生物技術」を採用しています。 専用タンクで培養し、土壌に注入します。微生物による発酵堆肥を用いて、数年がかりで 土作りをしました。

有用微生物によって発酵させた資材と灰を土に混合し、耕します。田七人参の種と根部分を有用微生物資材の希釈液に漬けます。田七人参は直射日光と雨に弱いため、事前に傘の役目をする松を畑に植えておきます。そして種を蒔きます。

有用微生物で発酵させた有機肥料を散布し、有用微生物資材の希釈液を苗に葉面散布します。 適時に有用微生物資材とストチュウなどの葉面散布・土中灌水を行います。

これを毎年行い、収穫まで、種を植えてから3~7年しっかりと品質管理を徹底して育てます。

田七人参のデザイン

キューピーマヨネーズのデザインや民主党のロゴを手がけた日本を代表するアートディレクターの浅葉克己さんによりこの白井田七は デザインされています。浅葉さんの特徴はなんと言っても商品のキャップが赤ということ。
キューピーマヨネーズやアリナミンAなどが有名です。

きっかけは浅葉さんが雲南省でトンバ文字というものを研究していて、ある人が雲南省で田七人参の無農薬・有機栽培をやっている人がいるということで白井先生と出会い、田七人参を無農薬で作っているなんてそんな馬鹿げた話があるわけがない!本当にしているのなら一度中国の畑を見に行ってやろうということで、実際に畑を見たらしいのです。

そこでの光景を一目見て流石は浅葉さん。畑を見た瞬間にインスピレーションが頭に飛び込んできたみたいで、すぐに白井田七のロゴのイメージができたという話です。
これだけ情熱をかけて作っていることを世に知らせて行きたいという浅葉さんの強い想いと白井先生の想いが共鳴したからこその出来事で、このデザインが生まれたのです。

浅葉 克己(あさば かつみ)は、日本を代表するアートディレクターである。広告、タイポグラフィ製作の第一人者。 ライトパブリシティ出身。卓球六段。