スタッフブログ

2019年03月03日

視点 ≪今月の言いたい放題≫

中矢(企画)

中矢

視点

 

 私が若い頃、会社の先輩と酒を飲んでいて、「もう一軒行こう」と誘われた時の話。その先輩ん家の近所で飲むという。

彼の行きつけの店で、いわゆるスナックと言われるスタイルのものだった。ご年配の女性がママさんをしていた。ママさんはおそらく六十歳前後。その当時、私もその先輩も二十代だった。

 先輩は顔馴染みなのでよかったのだろうが、ママさんは私に気を遣って、「若い子がいなくてゴメンね。でも、もうすぐ来るからね」と言った。

 なんだかんだ時間が経った。飲んでいると、ようやくその若い子が出勤したらしく、「お待たせしました!ウチの若い子で~すっ! 」と、ママさんが私たちを振り返った。入ってきたのは、四十代の女性だった。先輩はウケていたが、私は凍り付いたのを覚えている。

 確かに、ママさんからすると若い子だ。間違いない。そのお店の方の内でも若い子なのだろう。視点はママさん側にあったのだ。私ではない。

 

 

 『ボヘミアン・ラプソディ』という映画が昨年の冬に公開された。英国のロックバンド、クイーンの物語だ。リードボーカルのフレディ・マーキュリーを中心に話は進んでいく。

 もちろん、クイーンの名前は十代の頃から聞き馴染んでいた。だが、当時はフレディの奇抜な恰好に馴染めず、好きにはなれなかった。そして、雑誌などで入って来るプライベートな部分の情報は、私の中の嫌悪感を助長した。彼がソロ活動をし始めた時も、「やっぱり、ただの目立ちたがり屋か」と大して気にもしなかった。

 今回、この映画を観た。生い立ちからフレディを追っていくストーリーは、観るものを感情移入させていく。最後には、完全に彼の味方になり、彼の作品や人生そのものに称賛を贈りたくなる。

 フレディ自身は何も変わっていない。私の視点が変わっただけだ。

 

 考えてみれば、よくある話。

 「あいつはなんでいつもそうなんだ。何もわかってない」と仲違いしている相手がいるとしよう。そんな相手でも、共通の知人から話を聞く機会があって、「ええっ?あいつ、そんな考えを持っていたのか!」と見方が好意的に変わることがある。

 誰でも自分の築き上げた思考は正しいと思うし、それを崩されるのは怖い。しかし、それが間違った場所に掛けられた橋を渡っているのだとしたら、早く気付いて戻っていくのがいい。

 何よりも誤解をしないように、物事を判断したい。

 

(文・写真:原武)

中矢(企画)

この記事を書いた人

中矢

好きなものは本と映画と音楽と食べること!! そして、ねこ!! 「楽しく元気」が健やかさと美しさの近道と信じて、日々楽しくくらしています。

関連記事

新着記事

カテゴリ
カテゴリ
月別アーカイブ
月別アーカイブ
タグ
タグ