スタッフブログ

2018年11月27日

「良い母親でありたい。でも…」板瀬家の夫婦会議 【第6話】

中矢(企画)

中矢

育児まんが「板瀬家の夫婦会議」の第6話。

夫婦二人だけの時には問題なく過ごせていた妻のけい子と夫のえい太が、さまざまな”産後の夫婦のすれ違い”に気づき、乗り越えていくストーリー。

えい太の一言が気になっているけい子。
今日はえい太も知らない、けい子の胸のうちについてのお話です。

 

 

さくらの森スタッフの場合……

さくらの森のスタッフに、夫婦のすれ違いなどについてきいてみました。

企画部:上原の場合(旧姓:大野、現在産休中)

 世のダンナ様! 奥さんから
 「父親教室に行って」
 「この本読んでおいて」
 と言われたら応えてあげてください!

 共通の情報を持ってくれるだけでも、気持ちが楽になります。

 私の願望です(笑)


【作画:ななこ】

 学生時代にLogista株式会社の長期実践型インターンシップに2年間挑戦。
 様々な産後のご夫婦と接する中で実感したことを、同社の共同代表の長廣百合子、長廣遥の監修を交えつつ漫画化。現在は東京の大手IT企業に勤務。

【文章監修:Logista株式会社 共同代表CEO 長廣百合子 COO長廣遥】

 Logista株式会社が提唱する「夫婦会議」
 
「夫婦会議」とは、人生を共に創ると決めたパートナーと、より良い未来に向けて「対話」を重ね、行動を決める場のことです。
 自分ひとりの意見を通すため、相手を変えるために行うものではありません。
 わが子にとって、夫婦・家族にとって「より良い家庭環境」を創り出していくことを目的に行います。
 家庭は社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのもの。
 大切なことを前向きな気持ちで対話していける夫婦であるために、新習慣として取り入れてみませんか?

夫婦で産後をデザインする 世帯経営ノート

 

 

中矢(企画)

この記事を書いた人

中矢

好きなものは本と映画と音楽と食べること!! そして、ねこ!! 「楽しく元気」が健やかさと美しさの近道と信じて、日々楽しくくらしています。

関連記事

新着記事