キャンペーン情報

スタッフブログ

2019年03月15日

平成最後に、超☆個人的な平成ニュースを募集します!!

中矢(企画)

中矢

 
\\超☆個人的平成ニュース大募集//
▶ 個人的平成ニュースを教えてください!!
 
 
 
 
平成最後という文字をどこかしこで目にするようになりました。
 
これは、「#平成最後」というグミです。
 
なんと、グミにまで平成という文字が!!
 
 
こんにちは、さくらの森の中矢です。
 
私は昭和62年生まれです。
平成31年3月の今、31歳。
 
ハイハイの赤ちゃんだった私がアラサーになりました。そりゃあいろんなことがあります。
 
 
大きな災害も、事件もありました。
平成の間にオリンピックは15回も開催されていました。
流行った映画や小説など、思い返せば枚挙にいとまがありません。
 
 
こういった平成の出来事や流行ったものを振り返るというのは、テレビ局の方にお任せすることに
さくらの森では、お客様の個人的な平成ニュースを聞かせてほしいと思いました。
 
 
 
 
誰の毎日にだって、ドラマがあります。
 
人生を共にするパートナーと出会えた人、家族が増えた人もいることでしょう。
 
好きを仕事にできた人や、一生をかけて推せる!というものに出会えた人。
 
きっと毎日の中に色んなドラマがあって、笑ったり驚いたり時には悲しくなったりしながら暮らしを紡いでいると思います。
 
例えば、赤ちゃんがいるおうちでは「赤ちゃんが立った・しゃべった」というのは、大ニュースです。
ペットがやってきたこと、地方ニュースに家族が取り上げられたこと……。
 
 
そんな、○○家、○○さんだけの「超☆個人的な平成ニュース」を聞かせてください!!
 
↓こちら↓からどしどしご応募くださいね。
 
 \\超☆個人的平成ニュース大募集//
▶ 個人的平成ニュースを教えてください!!
 
 
お客様に聞かせていただいた平成ニュースは、5月の商品お届け時に同封する予定の「平成新聞」に載せさせていただきます。
 
(もちろん、お名前は伏せてご紹介します。)
 
   
 
 
ちなみに、私の個人的な平成ニュースは……

 

「兄弟ができた事」

 
私は13年間一人っ子でした。
 
12歳のある日、神妙な顔をした両親が「ご報告がありまして……」と私の部屋にやってきました。
 
そして父親が険しい顔をして「弟ができました……」と。
 
一生一人っ子だと思って生きていたので、突然の告白に
「あ……よ、よかったじゃん……」
というまぬけな返事をしてしまったことを覚えています。
 
13歳離れた弟が生まれた2年後にもう一人弟が生まれ、そしてその2年後に妹が生まれました。
 
一生一人っ子として生きていくと思っていたのに、気付けば4人兄弟になっていたことは、私の31年間の人生の中で一番のニュースです。
 

そんな個人的なニュースを聞かせてください!

\\超☆個人的平成ニュース大募集//
 
▶ 個人的平成ニュースを教えてください!!
 
 
 
みなさまのお家のニュースが聞けるのを楽しみしています。
 
 
 
 
 

中矢(企画)

この記事を書いた人

中矢

好きなものは本と映画と音楽と食べること!! そして、ねこ!! 「楽しく元気」が健やかさと美しさの近道と信じて、日々楽しくくらしています。

関連記事

新着記事