ウォーターサーバーは中古で買える?購入する際の注意点やデメリットを解説

9 min

「水をコンビニやスーパーで購入することが面倒くさい」、「いつでも冷水や熱湯を使いたい」、「美味しい水を飲みたい」と思っている人に人気なのがウォーターサーバー。

近年の健康ブームによって水にこだわる人が増えていることも、ウォーターサーバーへの関心を高めている理由の一つです。

そこで今回は、ウォーターサーバーに興味があるけどなるべくコストを抑えて購入したいという人のために、中古のウォーターサーバーについて解説します。

水は毎日沢山飲む物なので、装置の安全性や衛生面はとても気になる点です。

この記事を参考にして、中古ウォーターサーバーの購入を検討してみてくださいね。

目次

ウォーターサーバーって中古で買える?

基本的にウォーターサーバーはメーカーと直接契約し、レンタルか購入するものですが、中古のウォーターサーバーはどのようにして購入するのでしょうか。

ここでは二通りの購入方法を例にして説明します。

<ヤフオク>で中古のウォーターサーバーを見てみよう

「ウォーターサーバー 中古」と検索するとトップに出てくるのがヤフオクです。

ヤフオクの特徴は、定額と落札の二通りの購入方法があるということです。

定額なら即購入することができますが、落札なら相場よりも安価で購入できる可能性があります。

ちなみに、ヤフオクでのウォーターサーバーの落札相場5,000円前後です。
(2021年6月時点)

どういったウォーターサーバーが出品されているのか、いくつかの例を紹介します。

メーカー名値段状態備考
アマダナ1,000円~動作確認済み
軽い使用感あり
返品不可
譲渡証明書不明
フレシャス6,000円~
(即決)8,000円
動作確認済み
軽い使用感あり
譲渡証明書不明
プレミアムウォーター1,000円~通電確認済み直接取引のみ
動作保証無し
譲渡証明書不明

ヤフオクには様々なメーカーの商品が出品されており、値段の幅は広いです。

1円で出品されているものもありますが、別途で送料がかかるものが多いので、送料の計算は怠らないようにすることが大切になります。

<メルカリ>で中古のウォーターサーバーを見てみよう

続いてメルカリで取引されているウォーターサーバーについて説明します。

メルカリの出品数はヤフオクには劣りますが、実際に取引完了している商品が多く見受けられます。

取引完了している商品は10,000円超えの商品が多いことが特徴。

もちろん、5,000円前後の商品も出品されているので、好みの機種を探すことはそこまで難しくないでしょう。

以下にメルカリで取引されたウォーターサーバーをいくつかまとめてみました。

メーカー名値段状態備考
フレシャス1,3000円約1年6ヶ月使用譲渡承諾書あり
フレシャス2,0000円新品未使用譲渡承諾書無し
フレシャス15,000円新品未使用譲渡承諾書あり

メルカリは流行り物が売れやすい傾向なので、人気の商品に偏っています。

同じメーカー機種でも、値段の若干の差は生じやすいので、安い値段で出品されたらなるべく早く購入することがコストを抑えるポイントになります。

また、ヤフオクにも通じることですが、出品者の取引評価も確認することがスムーズな取引をする上で大切になります。

中古で買ったら水はどうするの?

中古でウォーターサーバーを買った場合の水の補充の仕方は以下の通りになります。

  • Amazonで共通サイズの水のボトルを購入する
  • ヤフオクやメルカリでメーカー専用のボトルを都度購入する
  • 譲渡承諾書があれば契約人を変更して新たに水を契約する

基本的にメーカー独自のボトルを採用しているウォーターサーバーは、専用のボトルが必要になります。

また、譲渡承諾書がない限り、メーカーで直接購入した人しか水の契約ができません。

ですので、譲渡承諾書がない場合は、Amazonなどで売られている水のボトルが使える可能性を探るか、ヤフオクやメルカリでメーカー専用の水を買う必要があります。

ヤフオクやメルカリで必ず水が出品されているとは限らないので、ウォーターサーバーを買う前にどのようにして水を手配するかを確認することが大切です。

ウォーターサーバーが壊れた時はどうしたら良いの?

譲渡承諾書を使って契約者を変更していれば問題なく修理やメンテナンスを受け付けてもらえますが、基本的に多くのメーカーは中古のウォーターサーバーの修理を受け付けていません。

ですので、もし譲渡承諾書がない状態で購入し、メンテナンスや修理が必要になってしまった場合は自力で修理業者を見つけるか、自分でメンテナンス・修理する必要があります。

よって、中古のウォーターサーバーを購入する時は譲渡承諾書があるか、または自分で修理できそうかどうかを確認してから取引することをおすすめします。

ウォーターサーバーを中古で購入するメリット・デメリット

中古のウォーターサーバーに対して動作不良や衛生面のデメリットを心配してしまうかもしれませんが、中古ならではのメリットもあります。

中古ウォーターサーバーのメリットは、

  • 圧倒的に安い値段で購入できる
  • いつでもやめることができる
  • 水の購入ノルマがない

といった点が挙げられ、

中古ウォーターサーバーのデメリットは、

  • きちんと動くかどうかわからない
  • 衛生的に使われていたかどうかわからない
  • 登城していい製品ではない可能性がある

などが挙げられます。

『未使用の製品が半額以下で購入できる点』は、動作面や衛生面での心配を感じさせなくするほどのメリットです。

また、メーカーによっては年単位での契約をすることで値段を下げるところもありますが、中古品でサーバー本体だけを購入した場合、縛りは一切ありません。

つまり、本単価格を抑えることができ、契約料も無駄にならないため、圧倒的にコストを抑えられるということです。

中古のウォーターサーバーを購入する前の注意点

ここでは、ネットやリサイクルショップで破格で取引されている譲渡承諾書がない製品を購入する際の注意点を紹介します。

注意点を簡潔にまとめると以下のようになります。

  • 自分でメンテナンス、修理ができるか考える
  • 水の購入方法を把握できているのかどうか
  • 選んだ製品は他人に譲渡していいものかどうか確認する

上で挙げた項目を詳しくみていきましょう。

注意点①「自分でメンテナンスや修理が必要」

個人契約したレンタル品は定期的にメンテナンスをやってくれる場合がありますが、購入品の場合基本的に自分でメンテナンスが必要です。

さらに、譲渡承諾書がない場合は故障した際も自分で修理するか専用の業者を探す必要があります。

メンテナンス方法は後述しますが、メンテナンスを自分で行うことさえ面倒に感じる場合は中古品の購入は難しいかもしれません。

注意点②「水ボトルの購入方法」

ウォーターサーバーによっては専用のボトルしか使用できない可能性があります。

同じ7Lボトル使用の製品でも、差し込み口の形が違うことはよくあることです。

ですので、自分が選んだ製品がどのようなタイプの水ボトルを使用するのかを購入前に把握し、Amazonなどのネットで購入できるのか、または専用の水ボトルをヤフオクやメルカリで都度買う必要があるのかを確認しましょう。

注意点③「譲渡してはいけない製品も流通している」

流通しているウォーターサーバーの中には、会社との間で他者に譲渡してはいけないと契約して購入した製品も紛れています。

また、レンタル品をネット上に出品しているケースも少なからず存在します。

プロのリサイクルショップではこういった問題は厳しく扱われていることがほとんどなので安心できますが、ヤフオクやメルカリでは素人がよくわからずに出品している可能性があります。

ですので、購入する前に出品者の取引評価をみたり、直接質問したりすることが大切になります。

また、確実なのは商品名を検索すればメーカーのホームページから直接確認することです。

中古のウォーターサーバー選びで失敗しない方法

基本的に中古品を購入する際には少なからず不安になるものです。

しかし、中古のウォーターサーバーを購入する際は、以下の事項を優先すれば失敗する可能性を最低限にし、お得な買い物をすることができるでしょう。

  • 新品未使用を選ぶ
  • 譲渡承諾書があるものを選ぶ
  • 本体価格を調べる

上で挙げた項目を詳しくみていきましょう。

失敗しない方法①「新品未使用の製品を優先して探す」

使用感や衛生面が気になる人新品未使用で出品されているものを探しましょう。

出品者が購入してから一度も使用していないものや、梱包すら外していないものまであります。

そのような状態でも中古品扱いで値段が大幅に下がっているので、多くの人に人気があります。

多少使用されたものと新品未使用のものでも大きな値段の差はなく、出品された時期や出品者によって値段の付け方は様々です。

早い者勝ちの傾向なので、もし見つけた場合は迅速なやり取りを心がけましょう。

失敗しない方法②「譲渡承諾書があるかどうか確認する」

これまでに沢山譲渡承諾書について触れてきましたが、譲渡承諾書がある方がメリットは大きいでしょう。

譲渡承諾書は契約者がその製品を契約しており、他者に譲渡する時まで効力が発生するものなので、リサイクルショップにあるものには基本的に譲渡承諾書は含まれていないでしょう。

ヤフオクやメルカリで購入する場合は、商品説明欄に記載されている場合がほとんどです。

もし、記載されていなければ直接聞いても問題はありませんので、優先的に質問しましょう。

失敗しない方法③「本来の本体価格と出品されている額を比べる」

せっかく中古のウォーターサーバーを購入するのなら、なるべくお得感を感じて購入したいと思う人は多いのではないでしょうか。

中古品でも出品者によって値段の付け方は数千円も変わります。

その時に出品されている同名の製品の中では最安値だとしても、本体価格と比べたら大して安くなっていない可能性もあるでしょう。

ですので、気になるウォーターサーバーを見つけたら、公式ホームページ等を参考にして本体価格を調べた方がお得に買い物できる可能性を高めることができます。

中古ウォーターサーバーのメンテナンス方法

中古でウォーターサーバーを購入した際は最初のメンテナンスはもちろん、日々のメンテナンスも自分で行うことになります。

譲渡承諾書がなく再契約していない場合は、年に数回のプロのメンテナンスも受けられない可能性があるので、メンテナンス方法を把握しておきましょう。

【なるべく毎日】給水口

吸水口は常に空気と触れている部分で、ボトルの水が注がれる時に必ず通る箇所なので小まめにメンテナンスをしましょう。

なるべく毎日やるべきなので面倒に感じるかもしれませんが、とても簡単です。

  1. 吸水口付近をアルコールスプレーと布きんで拭き上げる
  2. アルコールを湿らせた綿棒で吸水口の内部を軽くこする
  3. 最後に水を出して流し、乾いた布きんで水気を取る

レバー式やボタン式など、様々なタイプに対応できる清掃方法です。

【1~2週間に一度】ボトルの連結部分と水受け皿

水の消費量が多く、1週間以内に取り外しが行われる場合その都度行っても問題ありません。

もし、1ボトルが1週間以上持つ場合でも、一度外してメンテナンスすることが推奨されます。

ボトル連結部分

  1. ボトルを取り外す
  2. 布きんを軽くアルコールで湿らせ、接地面を拭き上げる
  3. 元に戻して完成

水が大量に残っている場合は取り外しが大変かもしれないので、なるべく飲み切った時か少なくなった時に行うことがおすすめです。

また、アルコールスプレーを大量に吹きかけてしまうと水の中に含まれてしまう可能性があるので、布きんを軽くアルコールで湿らせたから使うことがポイントです。

水受け皿

基本的に水受け皿は簡単に取り外せる製品が多いので、汚れが気になった時、最低でも1週間に一度は掃除しましょう。

普段使う食器のように中性洗剤とスポンジで洗って問題ありません。

表面や裏側は汚れが目立ったら!定期的に埃が溜まっていないか確認しましょう!

表面は汚れが目立ったら薄めた中性洗剤とスポンジで磨き、布きんで拭き上げるだけです。

もしくは、汚れが目立つ前に頻度を高めてアルコールスプレーと布きんで拭き上げるだけでも清潔さを保つことはできるでしょう。

背面に関しては、埃が溜まりすぎてしまうと熱が発生して故障の原因になります。

なので、1ヶ月に一度は確認し、埃が溜まっている場合は掃除機で吸うか、濡れ布きんで埃を落としましょう。

ウォーターサーバーは買取可能?

ウォーターサーバーを中古で購入する以外の方法だとメーカーと契約してレンタルするイメージが強いですが、メーカーから直接買取することも可能です。

以下の表はウォーターサーバーをメーカーから直接買取した時のメリットとデメリットをまとめたものです。

メリットデメリット
毎月の水の最低注文数ノルマがない1~2年の使用ならレンタルより割高の可能性がある
好きなタイミングで売れるサーバーの保証期間は限度がある
解約違約金がない長年使用したら売りにくくなり、破棄するために費用がかかる

表を見てわかる通り、コスト面では買取でもレンタルでも大きな差はありません。

1~2年のみの使用ならレンタルの方が本体代はかかりませんが、どれだけ水を消費するかによるでしょう。

また、3年以上使った場合は買取のメリットでもある「他者に売れる」点も対価や可能性が下がってしまうかもしれません。

ですので、自分がどれくらいの水を消費するのか、どのくらいの期間使うのかをおおよそ予想してから購入することが大切になります。

購入できるウォーターサーバーを紹介

ここでは実際に買取ができる会社と、おすすめのウォーターサーバーを紹介します。

おすすめウォーターサーバー①|フレシャス

色々な種類があるから自分にぴったりのサーバーを選べる!

編集部おすすめポイント
  • ウォーターサーバーとコーヒーメーカーは一緒になっているので天然水でコーヒーが簡単に飲める
  • 省エネ機能で月々の電位代が380円~
  • エアレス構造、定期的に温水を循環させるフレッシュ機能で衛生面もバッチリ

フレシャスの特徴は、デザイン性の高さと使い勝手の良さで、オシャレさをこだわりたい人から生活の利便性向上させたい人にまで人気です。

カフェとウォーターサーバーが一体型となった製品が特に有名で、オリジナリティ溢れる製品や機能も特徴の一つ。

各サーバーのボトルの取り外しが簡単で、宅配水の種類も3種類から選べるといった体を思いやった部分も感じられ、ヤフオクやメルカリでも圧倒的な人気を誇っています。

※ここではフレシャスで一番人気の「スラット+カフェ」を紹介しています。

項目内容詳細
本体価格59,400円(一括)
サイズ(mm)
重量
・H1,110×W290×D350
・25.5kg
水の容量・冷水=1.5L
・温水=1.5L
水の温度・冷水:4〜10℃
・温水:通常モード=80〜85℃ 
エコモード=70〜75℃
リヒートモード=約90℃
機能コーヒーメーカー機能付き

おすすめウォーターサーバー②|シンプルウォーター

余計な機能が無いから誰でもわかりやすく使いやすい

編集部おすすめポイント
  • 本体が小さいので置き場所に困らない
  • 新品の本体をとにかく安く購入できる
  • 電気代が約10円(1日あたり)

シンプルウォーターの最大の特徴は圧倒的なコストの低さで、買取できるサーバーの中でもトップレベルです。

複雑なシステムや多用な機能が備わったサーバーではないですが、シンプルなので誰でも簡単に使うことができます。

また、シンプルで本体の体積も大きくないため置く場所を自由に決めることができ、電気代を抑えることができることも魅力の一つ。

お子さんからお年寄りの方まで簡単に使うことができ、とりあえずウォーターサーバーがある生活を始めたいという人に特におすすめできます。

項目内容詳細
本体価格15,180円(一括)
サイズ(mm)
重量
・H575×W280×D330
・9kg
水の容量6L
水の温度・冷水:8〜10℃
・温水:80〜82℃ 
エコモード=70〜75℃
リヒートモード=約90℃
機能チャイルドロック

おすすめウォーターサーバー③|CLYTIA(クリティア)

水質と味にこだわった天然水サーバー

編集部おすすめポイント
  • スタイリッシュなデザインがインテリアになる
  • 力が弱い女性やお年寄りでもボトルが補充しやすいボトル下置き式
  • サーバーのカラーバリエーションが豊富

クリティアは特に水にこだわっており、富士山や阿蘇山、島根県金城町など日本各所の優れた天然水を家庭に運びます。

世界の権威あるアワードを数多く受賞しており、水の性質と味はお墨付きです。

水の性質の他にも、ボトルの取り付けやすさを簡単にしたりと、使う人の健康や身体を思いやったホスピタリティも魅力の一つ。

サーバーのデザインやカラーバリエーションもスタイリッシュな製品が多いので、インテリアとしても使えそうです。

※ここではクリティアがcadoとコラボして発売したcado×CLYTIAを紹介しています。

項目内容詳細
本体価格43,200円(一括)
サイズ
重量
・H1160×W300×D386
・24kg
水の容量・冷水=3L
・温水=2L
水の温度・冷水:約8℃
・温水:約83℃ 
弱冷水=15℃
リヒートモード=約90℃
機能静電方式タッチパネルで水の状態を管理

ウォーターサーバーを高く売るポイント

購入したウォーターサーバーを売る場合は業者に査定を依頼したり、ヤフオクやメルカリに出品したりすることが多いでしょう。

基本的に自分でネット上で販売する方が、手間はかかりますが値段を高くつけて売ることができます。

また、以下のことを意識するだけでさらに高い値段で販売することができます。

  • 日頃から掃除をまめに行い、美品を保つ
  • 購入した際の書類(譲渡承諾書)を付属する
  • 初期の付属品も付属させる

掃除をマメに行うことは高値をつけるためだけではなく、普段から美味しく水を飲むためにも繋がります。

また、付属品は長い間使わないと失くしてしまうかもしれませんが、いざという時に必要になることもあるのできちんと保管しておきましょう。

まとめ

  • ウォーターサーバーを中古で購入することはコスパがかなり高い
  • 中古品特有の心配があるなら、新品未使用のサーバーを探すことがおすすめ
  • 水は直接体に入るものなのでマメにメンテナンスをすることは必須
  • 新品でもレンタルではなく買取をし、縛りなく使うことができる

ウォーターサーバーはペットボトルで水を買うよりも結局高くつくと思う人は多いかもしれませんが、長い目でみるとウォーターサーバーで水を飲んだ方がお得になります。

さらに、運よく中古で安くサーバーを買うことができたらお得感は増すでしょう。

水は誰しもが生きる上で一番必要なものなので、お得に、美味しく、質の良いものを楽しみたいですね!

関連記事