ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介!どんな人に向いている?

11 min

今回の記事ではウォーターサーバーのメリット・デメリットについて紹介します。

ウォーターサーバーはすぐに冷水、温水を使える点や、衛生管理がされているなど多くのメリットがあります。

人によってウォーターサーバーに求めるポイントは異なるので、これからウォーターサーバーの設置を考えている人は必見です。

ウォーターサーバーのメリットは?

ウォーターサーバーは「ボタンひとつで水が飲める便利アイテム」なんて思っていませんか?

水と冷水を使える点や、安全で綺麗な水であるなど多くのメリットがあります。

実際にウォーターサーバーを利用されている方の口コミを踏まえてウォーターサーバーの魅力をまとめていきます。

すぐに冷水・温水が使える

ウォーターサーバーは温水と冷水をすぐに使うことができます。

特に温水ですが、ケトルややかんなどで水を温めるのは時間やガス代がもったいないです。

ウォーターサーバーであれば、すぐにでもお湯を使いたい人に最適です。

さらに、夏でも冷たい水を楽しむことができます。
水道水は夏になるとぬるくて、のどに通りにくいですよね。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

時間の節約にもなる 30代 女性

お湯がすぐに利用できるのが本当に便利だなと感じました。
お湯を作る時間の節約にもなり、天然水が飲めるのもポイントです。
朝の忙しい時間にさっと暖かいコーヒーを飲めるのもしわせな時間です。
ウォーターサーバーのおかげで、ケトルでお湯を沸かすこともなくなり、仕事前の準備がスムーズになりました。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

すぐにおいしい水が飲める 20代 女性

会社で使っているウォーターサーバーの水がとにかくおいしくて冷たいです。
夏場はすぐにお水も緩くなってしまいますが、ウォーターサーバーの水は常に冷水なのが嬉しいです。
私は水筒を持参して、ウォーターサーバーの水を持ち帰ったりもしています。
衛生面もしっかり管理されているので、安心しておいしい水を楽しめています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

いつでも冷水・温水が出る 30代 女性

いつでも冷水と温水が出るので、とても便利だなと感じました。
温水の場合はすぐにお湯が出るので、スープやコーヒーをさっと飲みたい時に大活躍してくれます。
夏場は冷水が活躍してくれて、ペットボトルの水を購入して冷やすという手間が省けて、常に冷たくておいしい水が楽しめます。
ぬるい水が飲みたい時も温水と冷水を混ぜることでちょうど良い温度になります。

料理をするときの時短になる

ウォーターサーバーのメリットは料理の時も活躍します。

ウォーターサーバーの水はすぐに温水も使えるので、朝のスープやコーヒーなどをすぐに準備できます。

他にも料理の下準備で活躍してくれることも!

例えば、あさりの塩抜きではウォーターサーバーの温水ですぐに準備ができたり、カップラーメンを食べたい時すぐにお湯の準備ができます。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

すぐに料理ができる 20代 女性

一番のポイントはお湯を沸かさなくても温水を使える点です。
仕事が忙しい日は、お湯を沸かして調理するのがめんどくさいと感じる時もありましたが、ウォーターサーバーが来てから調味料があれば、簡単なスープもすぐに調理できるようになったので便利です。
温水を使うことで、すぐにお湯が沸騰してくれるのでガス代の節約にもなります。
新鮮で綺麗な水で炊いたお米はふっくらしていて、艶がありました。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

素材の味を引き立てる 50代 女性

ウォーターサーバーの水で料理がものすごく楽に、美味しくできるようになりました。
お湯はすぐにでるので、コーヒーに準備が楽になったり、ちょっとしたスープや味噌汁もすぐに調理できます。
そして、ウォーターサーバーの水で新鮮な野菜を茹でると、素材の味をさらに引き立ててくれるので、美味しい野菜を毎日楽しめています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

お湯を使った料理の下準備が楽 40代 女性

ウォーターサーバーのおかげでお湯を沸かす作業が減ったので、お湯を使った下準備がさらにスムーズになりました。
特にあさりの塩抜きは温水が必要で毎回時間がかかってめんどうだと感じていましたが、今では時短で調理ができています。

安全で健康的な水が飲める

安全で健康的な水が飲めるのもウォーターサーバーのメリットです。

ウォーターサーバーの会社によって売りにしている内容は異なりますが、天然水を使ったり、最近流行の美容に効くシリカ水など種類は豊富です。

基本どのウォーターサーバーの水も衛生面はしっかり管理されており、安全な状態で飲むことができます。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

天然水がミネラル豊富 40代 女性

天然水で健康的な水という点でウォーターサーバーに惹かれました。
軟水ということからか飲みやすいです。
飲む水を変えてから肌荒れも目立たなくなり、健康的な生活を体感できています。
衛生管理もしっかりされているので、安心して美味しい水を楽しめています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

シリカ水で肌がツヤツヤ 20代 女性

ウォーターサーバーを契約して、美肌や健康に良いといわれているシリカ水を選びました。
シリカ水を飲み始めてから、肌のツヤや弾力を感じるようになりました。
飲み水としてだけでなく、料理でも使うようになってからは、料理の味が変わったような気がします。
特に、お米の味が変わりました。
綺麗で安全な水のおかげで毎日が楽しいです。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

安全な水でおいしい 50代 女性

ウォーターサーバーを契約してから便通がよくなったと感じました。
水でもメーカーによって成分が微妙に異なるので、軟水でミネラルが豊富な水を選んで飲み始めてみました。
すると、便通が良くなり、以前よりも水を多く飲むようになりました。
水を飲んで体も軽くなった気がして充実した生活を過ごしています。

重たい水を購入しなくて済む

ペットボトルの水を購入するとなると、大きな箱に入っていて、運ぶのが面倒であったり、手間がかかります。

しかし、ウォーターサーバーの水であれば業者が家まで配達してくれるので、とにかく便利です。

力仕事が苦手な女性やお年寄りの方にもウォーターサーバーがおすすめです。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

力仕事が減って楽に 50代 女性

今までは、重たい水を毎回購入していたので、スーパーから駐車場まで、駐車場から家まで運ぶのがとにかく辛かったです。
しかし、ウォーターサーバーを契約してからは、業者の方が家まで運んでくれるので、力仕事が減って楽になりました。
味もおいしく、健康にも良いので満足です。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

わざわざ水を買いに行く手間が省ける 40代 女性

スーパーで2リットルのペットボトルの水を購入するのが日課でしたが、ウォーターサーバーに変えてからはそれがなくなり、辛い思いをしなくなりました。
他にも買いたいものがあってもペットボトルの水があったら重くて購入ができなかったのでスーパーに行く数も減って快適です。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

生活がより便利に 30代 女性

水に関してはとても気を遣う家だったので、毎回決まったペットボトルを購入して料理にも使っていました。
今回、ウォーターサーバーを契約したことで、ペットボトルで購入していた水よりも良い質で、楽に準備ができるようになりました。
ペットボトルを持ち上げて水を移す作業がなくなって、調理もスムーズになりました。

赤ちゃんのミルクをすぐに作れる

赤ちゃんのミルクはお湯を沸かして粉を溶かし、飲む前にはぬるま湯にするというように準備に手間がかかります。

そして、作っている間に赤ちゃんが起きて泣いてしまうなど忙しいことが重なることも珍しくありません。

ウォーターサーバーがあればミルクの粉と温水ですぐに準備ができます。

赤ちゃんがミルクがなくて騒いでしまう前に準備がすぐにできるので便利です。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

温水が便利 20代 女性

まだ小さい子供がいるので、ミルクを作るのにとても便利です。
お湯を沸かす手間と温度調整の必要がないので楽になりました。
ウォーターサーバーの水はミネラルなどの体に良い成分が豊富なので安心して子供にも飲ませることができます。
自分自身も朝は暖かい飲み物が飲みたいので、フル活用しています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

水を飲む回数が増えました 30代 女性

ウォーターサーバーを設置してから水を飲む回数が増えました。
それまでは、子供たちも水よりジュースがメインでしたが、冷たい水をすぐに飲めるという点でお気に入りみたいです。
朝食に出すスープもお湯を沸かす必要がないのと、スープの素だけ用意しておけば作れるので便利です。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

ミルク作りが楽に 20代 女性

ウォーターサーバーは温水も出るので、赤ちゃんのミルクもすぐに作れて便利です。
今まではミルクを作るのに20分ほどかかっていましたが、ウォーターサーバーのおかげで5分で作れるようになりました。
また、私自身も水を飲む回数が増えて体が綺麗になっていくのを感じています。

ウォーターサーバーとペットボトルを比較

世帯人数月額費用水の量ペットボトルに換算(2L125円)
13,000円20L1,250円
24,000円30L1,900円
3(子供1人)5,000円36L2,650円
4(子供2人)7,000円48L4,150円

表からわかることは、ペットボトルの方がかかる費用が安いということです。

しかし、ペットボトルとなると、プラスチックのゴミなどの後処理が大変になります。

一方のウォーターサーバーはいつでも温水と冷水が使える上、ボトルの処理をする必要がありません。

ペットボトルの水よりも料金が高いですが、ウォーターサーバーの水はミネラルが豊富で健康にも良いのでおすすめです。

非常用として常備できる

ウォーターサーバーは非常時に役立ちます。
例としてあるのが東日本大震災の時です。

断水した際に余っていたウォーターサーバーの水で助かった、配給で並ぶ必要がなかった、など非常事態にも活躍しました。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

賞味期限も長いので便利 30代 女性

いつ災害が起こるか予測できないので常に多めのウォーターサーバーを常備しています。
水の賞味期限もできるだけ長い水を選んでおり、一年ほど持つRO水を選びました。
これからどんなことが起こるか分からないので、常に多くの水を常備するように心がけています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

災害時に備えて準備 40代 女性

ウォーターサーバーを契約していますが、一般家庭の1.5倍の量は水を常備しています。
これは、今後起こるであろう災害時の備えとして確保するためです。
東日本大震災の時に一番苦労したのが水の確保だと聞いたので、水道が止まってしまっても水が使えるように確保しています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

災害時の流通を考えて 50代 女性

ウォーターサーバーには災害時にも強いメーカーがあります。
それがリターナブル式の会社です。
災害時でも極力配達をしてくれる仕組みになっているので、心強いです。

低コストで導入できるタイプもある

ウォーターサーバーは価格がメーカーによってさまざまです。

中には水道に直結できるサーバーもあり、水道代だけで温水や冷水を楽しめます。

水道水を利用するタイプのものは、なるべくコストを抑えたい人におすすめです。

さらに安く抑えたい人は、サーバーのレンタル料のチェックも必須です。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

とにかく安く導入 40代 女性

ウォーターサーバーの導入の際に一番注意したのが水にかかる料金です。
水を購入するか、自宅の水道をサーバーに直結させるかで迷いました。
調べたところ、水道を直結させた方がサーバーのレンタル料金のみで済んだので、水道直結方を選びました。
毎日冷たい水を美味しく楽しめています。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

水の成分よりもコスパが重要 50代 女性

ウォーターサーバーの購入を考えていた時、水の成分よりもどれだけ安く導入できるかにこだわりました。
今流行のシリカ水などは少し高い月額費だったので、断念しました。
契約期間も短いものにして、やめたくなった時の解約料のことも考慮した上で自分に最適な会社を選びました。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

お得な会社を選んだ 30代 女性

私の家庭は料理からウォーターサーバーの水を使用するため、多く使ってもそこまで料金がかさまない会社を探していました。
そこで見つけたのが毎月固定の本数を注文することでサーバーのレンタル料が無料になる会社です。
少しでも料金を安くしたかった自分にはぴったりのプランでした。

ウォーターサーバーのデメリットは?

ここまでメリットを多く紹介しましたが、ウォーターサーバーにはデメリットもあります。

費用が月単位でかかることや、設置場所の確保など、生活スタイルによってはおすすめできない場合もあります。

費用がかかる

ウォーターサーバーの導入には以下のような費用が発生します。

項目料金
水の料金1,620円
電気代800円
配送料一部エリア無料
サーバーレンタル料330円

上記のように水の料金や電気代、サーバーのレンタル代が発生します。

ほとんどが月額で料金がかかり、契約の縛りや解約費用が発生します。

そんなコストを重視したい人には、電気代と水道代しかかからないサーバーがおすすめです。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_bad.jpg

解約料金が発生した 20代 女性

ウォーターサーバーを契約したのはよかったですが、あまり使う頻度が多くなくなってきたので、半年ほどで解約しようとしました。
すると、元の契約縛りが2年だからという理由で多額の解約金を請求されることになりました。
しっかり考えるべきでした。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_bad.jpg

とにかく費用がかかる 30代 女性

導入の初期費用が安かったので購入しました。
しかし、初回の安い期間が終わると一気に金額があがり、しっかり元がとれているのか不安になりました。
長期的に使うとなったら先のことも考えた上での会社が選びが重要だと思わされました。

設置する場所が必要

ウォーターサーバーを導入する際に、設置する場所を作る必要があります。

サーバースペースと補充する水のスペースです。ノルマが無い場合は水を都度頼めばいいので問題ないですが、スペースをあまり取られたくない人は考える必要があります。

サーバーによっては卓上のものあるので、設置スペースも考慮したサーバー選びが大事になります。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_bad.jpg

スペースをとられすぎて邪魔 30代 女性

おいしくて安全な水をしっかり飲みたいという理由でウォーターサーバーの導入を決めました。
しかし、いざ届くと思った以上に存在があり、リビングが狭く感じるようになりました。
水のボトルも常に3つは補充しないといけないので、部屋の2割はウォーターサーバーが占めている状況です。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

ノルマのない会社を選びました。 30代 女性

ウォーターサーバーの導入のタイミングでスペースが必要であることは理解していました。
注文して水のボトルを多く抱えるのがとにかく嫌だったので、今回はノルマのない会社を選びました。
結果、サーバーだけのスタイリッシュな空間を作ることができたので、前もって考えてよかったです。

水の交換が大変

ウォーターサーバー のデメリットは水の交換が大変という点です。

サーバーの上に設置するタイプと下に設置するタイプで、メーカーによって異なります。

圧倒的に下に設置する方が楽という意見もありますが、ボトルが重いので交換には力が必要です。

力仕事に自信がない人は軽いボトルを取り扱っているところをおすすめします。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_bad.jpg

ボトルが重くて大変 50代 女性

ウォーターサーバーを導入して毎日おいしい水を飲めているので満足ですが、ボトルの交換がとにかく大変だと感じました。
ボトルを持ち上げて差し込む必要があるので、交換だけで体力も使いますし、落としてしまったこともありました。

https://sakura-forest.com/media/wp-content/uploads/icon_good.jpg

ボトル交換が楽な製品を選びました 20代 女性

ボトルの交換が大変ということは知っていたので楽に交換できるサーバーを選びました。
余計にボトルを持ち上げる必要がないので、簡単に交換ができます。
水もシリカが含まれているものを選びました。健康的な生活が毎日できているので、水を飲むのが楽しみです。

ウォーターサーバーは意味がない?どんなことに後悔している?

ウォーターサーバー を導入して後悔している人も多くいます。

  • サーバーの設置場所が必要
  • 水を飲みきれない
  • 受け取りの日程調整が難しい
  • 注文にノルマがあって費用がかかる
  • メンテナンスに手間がかかる

以上のように後悔している理由は多くあります。
しかし、それぞれの内容には解決策があります。

設置場所に迷ってるのであれば、ボトルを補充しなくてよい、ノルマのない会社を選ぶのがおすすめです。

ノルマがなければ無駄な費用もかかりません。

水を飲みきれないという懸念もありますが、飲むだけでなく普段の料理などで使うのも効果的です。

水を受け取る日程が難しい場合は、業者に相談することがおすすめです。

メンテナンスも業者にタイミングの良い時に依頼するのが手間になりません。

後悔しないウォーターサーバーの選び方

後悔しないウォーターサーバーの選び方は、事前に自分が必要としているポイントをまとめることです。

例えば設置スペースがないのに、ボトルを大量に補充しないといけないウォーターサーバーを選ぶのは間違っています。

自分が必要としている特徴があるウォーターサーバーを選ぶことで、後悔しないでサーバーを選ぶことができます。

タイプ別おすすめのウォーターサーバーを紹介

ウォーターサーバーには多くのタイプがあります。

一人暮らしに適しているもの、コストを抑えたい人向け、高齢者向けなどさまざまです。

この項目ではおすすめのサーバーを3つ紹介し、特徴をまとめていきます!

住んでいる人数を考える

ウォーターサーバーを選ぶのに、家に住んでいる人の人数を考える必要があります。

一人暮らしなので、3人家族分の水を注文しても1ヶ月では使いきれません。

逆に3人家族なのに、一人暮らし分の水しか注文していないと足りないということもあります。

家に何人住んでいるかで依頼するボトルの数も変わるので注意が必要です。

住んでいる人数水の量
1人20L
2人30L
3人(夫婦+子供1名)36L
4人(夫婦+子供2名)48L

コストを抑えたい人

ウォーターサーバーの導入にはコストがかかります。

かかる費用は会社によって異なり、サーバーのレンタル代、水の料金も変わってきます。

安い会社では初期費用の水の料金だけを請求する会社もあります。

しかし、ウォーターサーバーにも携帯会社と同じように契約の縛りのあるプランがほとんどで解約のタイミングに注意が必要です。

コストを少しでも抑えたい人は、初回の割引を使うことや他社と比較して適したコストを見つけるのがおすすめです。

おしゃれなデザインのサーバー

サーバーのデザイン面でこだわりの強い人は多いです。

デザインがおしゃれなサーバーはいくつかあり、設置する部屋の雰囲気にあったものを選ぶのもおすすめです。

ボトルが隠れていてウォーターサーバー感のない製品もあります。

料理に適しているサーバー

料理に適しているウォーターサーバーもあります。

料理にも使うとなると水の消費量が多くなるので、水の料金が高くなります。

しかし、水道とつなげるサーバーであれば、水道料金だけでウォーターサーバーを利用できます。

温水が出るサーバーを選べば料理の時短にもなります。

初心者でも使いやすい

初心者でも使いやすいウォーターサーバーがあります。

どんな会社がいいのか、どんな成分の水がいいのかなど、考える人は多くいます。

初心者でも水を注文しやすいシステムになっている会社や、解約しやすいプランを提供しているところを選ぶのがおすすめです。

インテリアに合わせやすいアクアクララ アクアファブ

おすすめポイント

  • デザインが馴染みやすくて優れている
  • RO膜でろ過された軟水
  • ノルマも無しの水代のみ

アクアクララが展開しているアクアファブはスリムなデザインが特徴でボトルが見えない仕様になっています。

デザインにこだわりたい人にはおすすめで、リビングにも馴染む仕様になっています。

水の単価もペットボトルを購入するよりはるかに安いのでおすすめです。

項目情報
サイズ(幅)286mm(奥)350mm(高)1,320mm
重量16kg
水の容量・冷水/3.3L
・温水/1.8L
水の種類RO水
ボトルの種類・レギュラーボトル
・スリムボトル
温度(水温・湯温)・水温/5~12 ℃
・湯温/80~90℃
料金4,238円(税込)
(水代:2,808円 サーバー代:無料 配送料:無料 初期費用:無料)
最低注文数ノルマ無し
水の単価(500ml)58.5円
配送地域日本全国

水道直結のウォータースタンド ナノラピアネオ

おすすめポイント

  • スリムなデザインが特徴
  • 水道直結なので水道料金のみかかる
  • 請求金額は定額

ウォータースタンド ナノラピアネオは水道水をそのまま使っているウォーターサーバーなので、水代がかかりません。

しかも料金が定額なので、水を気にしないで使うことができます。

温水もすぐに使えるので調理時間の短縮が可能です。

項目情報
サイズ(幅)280mm(奥)505mm(高)500mm
重量18kg
水の容量・冷水/2.5L
・温水/1L
水の種類水道水
ボトルの種類無し
温度(水温・湯温)・水温/5~12 ℃
・湯温/85~93℃
料金4,378円(税込)
(水代:水道料金 サーバー代:無料 配送料:無料 初期費用:無料)
最低注文数ノルマ無し
水の単価(500ml)
配送地域

ボトル交換が楽 コスモウォーター smartプラス

おすすめポイント

  • ボトル交換が楽にできる
  • チャイルドロック機能で子供も安全
  • カラーが多いので選びやすい

smartプラスはボトルの交換が楽なコンパクト設計になっています。

そして、チャイルドロック機能もあるので、小さい子供が万が一触れてしまっても動かない仕組みになっています。

省エネ設計になっているので月の電気代も安くすることができ、サーバーの騒音も少なくします。

項目情報
サイズ(幅)300mm(奥)340mm(高)1100mm
重量20kg
水の容量・冷水/1.6L
・温水/1.25L
水の種類天然水
ボトルの種類足元ボトル
温度(水温・湯温)・水温/6~10 ℃
・湯温/80~90℃
料金4,104円(税込)
(水代:3,800円 サーバー代:無料 配送料:無料 初期費用:無料)
最低注文数月2本
水の単価(500ml)79円
配送地域日本全国
(北海道にお届けの場合1本200円)

ウォーターサーバーはこんな人におすすめ

  • あたたかい飲み物を頻繁に飲む人
  • 水を消費するのがとにかく多い人
  • 健康意識の高い人

ウォーターサーバーは上記に当てはまる人におすすめです。

冷水の他に温水も出るのですぐに暖かい飲み物を飲むことができ、健康意識が高くて水を多く飲む人にも必須です。

あたたかい飲み物を頻繁に飲む人

ウォーターサーバーには温水機能があります。
あたたかいコーヒーやスープを普段から飲む人には最適な機能です。

通常お湯はケトルなどで沸かす必要がありますが、ウォーターサーバーなら必要なく、すぐに温水を準備できます。

水を消費するのがとにかく多い人

水を多く消費する人にはかなりおすすめ。
水を多く摂取することは、代謝の向上や健康にも良いと言われていますよね。

しかし、ペットボトルで水を飲むとなると、プラスチックのゴミが増えて処理が大変になります。

ウォーターサーバーであればボトルの数も少なく、処理を業者がしてくれるケースがほとんどです。

また、サーバーを使っていれば冷蔵庫の中身もペットボトルでスペースをとらないので、整理がしやすいです。

健康意識の高い人

健康意識の高い人にもウォーターサーバーはおすすめです。
まず、水を飲むことは体に良くて、肌の保湿も上がります。

ウォーターサーバーの水は成分が明記されており、健康促進につながる成分が含まれている水もあります。

さらに、あかちゃんのミルク作りでも温水と冷水をまぜることで、綺麗なミルクを作れるなど、便利です。

まとめ

  • 温水と冷水を楽しめる
  • 安全で健康な水を楽しめる
  • 料理でも活躍する

以上のようにウォーターサーバーには多くのメリットがあり、製品によっても特徴があります。

デメリットもありますが、解決する方法もあり、ウォーターサーバーで生活の質がさらに上がります。

特に、ミネラルを豊富に取りたい人やすぐに温水を使いたいという人にとっては、ペットボトルの水を購入するよりも便利です。

また、口コミからもわかるように一人暮らしから大家族まで多くの人たちが満足しています。

今回の記事を参考に自分に合ったウォーターサーバーを探していただけたら幸いです。

関連記事