ふるさと納税おすすめサイトはこれで決まり!

8 min

ふるさと納税を始めようと思っても、どのサイトから申し込むか迷いますよね。

自分の求める返礼品はどのサイトに掲載されているか、お得に利用できるサイトはどこか。

この記事では、12のふるさと納税ポータルサイトを比較し、還元や決済方法を検証しました。

ポータルサイトの選び方や、ふるさと納税の基本的なやり方も解説しているので、はじめの1歩としてお役立てください。

ふるさと納税12サイトの比較表一覧

ふるさと納税サイト比較

12サイトを項目別に比較しました。

ポータルHP契約自治体数
/
返礼品数
返礼品
カテゴリー
ポイント
還元
特徴
楽天ふるさと納税1,160
167,809
日本の逸品・体験アクティビティ楽天ポイント
100円=1P
・楽天市場のお買いと
同じ手続き
・寄附金の支払いに
楽天ポイントの使用可
au payふるさと納税222
75,026
仏具や神具、人形や伝統工芸Pontaポイント
(au PAY マーケット限定)寄附額の1P
・旬の果物を返礼品に
選ぶ場合は、先行予約
をして先取り可能
ふるなび588
152,675
感謝状や記念品、電化製品Amazonギフト
コード
1%増量
・寄附金50万円以上
であれば、完全無料
で手続きの代行可能
ふるさとチョイス1,788
434,039
鍋セットやイベントのチケットチョイス公式
ポイント
(寄附額に応じる)
・みんなの寄附が、
HP上からをリアル
タイムで確認できる
さとふる827
298,865
装飾品や観葉植物  __・申請書のダウンロードや配送状況の確認
など、便利なマイページあり
ふるさとプレミアム112
19,358
カタログ用品やベビー・キッズ用品__ ・アフェリエイトの
パートナー募集中
ふるさと本舗55
10,715
調味料や
チーズ、
お惣菜や
加工食品
  __・フジテレビ
イチケイのカラス
とタイアップした
返礼品あり
さの
ちょく
1
1,295
手作り
木製玩具や
ゴルフクラブ
さのちょくポイント
1,000円=300P
・3年連続、ふるさと納税額
1位泉佐野市のHP
・さのちょくポイントは、
有効期限なし
ANAのふるさと納税350
94,397
ANAオリジナル品や定期便ANAマイル
100円=1マイル
・ANA運営のサイト。
ANAカード使用なら最大2.5倍
ふるぽ294
83,031
お座敷券やペア宿泊券ふるぽポイント
(寄附額に応じる)
・JTB運営のサイト。
ホテル宿泊補助券や
旅行クーポンなど、
旅行関係の返礼品が多い
三越伊勢丹ふるさと納税103
4,338
宅配クリーニングや各地の名産品エムアイポイント
200円=1P
デパ地下グルメの
返礼品特集あり
ふるさとパレット69
15,323
東急オリジナル品TOKYUポイント
(決済額の0.2~1%)
東急グループ運営のサイト。
スタッフ厳選の
返礼品特集あり

多くの返礼品カテゴリーとして、肉・野菜・卵・お酒・日用品・インテリア・災害支援・本・ゲーム・ファッション・花・海産物・菓子・麺類・米・飲料品・工芸品などがあります。

2021年5月現在の情報です。 

登録のみで寄附受付の停止や、新しく追加される自治体もあります。

また、返礼品は季節により変動の可能性もあるため、最新情報をご確認ください

ふるさと納税について簡単におさらい!

ふるさと納税おさらい

ふるさと納税は、自治体へ寄附できる制度です。

「税金が安くなる」との誤解も生まれますが、あくまでも寄附扱いで節税目的ではありません

手続きすれば所得税や住民税の控除を受けられるため、結果的として減税されたように感じられるでしょう。

ただし、すぐ控除を受けられるわけではなく、確定申告後のタイミングになります。

先に寄附金を支払う必要がありますが、自己負担2,000円で始められます。

所得税や住民税の非課税世帯は控除の恩恵を受けられませんが、日本全国の特産品を返礼品として受け取れます。

例えば魚介類や調味料、電化製品や加工食品など、自治体によっては独自色を打ち出した返礼品も珍しくありません。

実際にどんな書類が必要のか?申請する手順はどうなっているのか?「手続きが難しそう」というイメージもありますが、ふるさと納税の仕組みやメリットの解説記事を用意しているので、これから始めようと考えている人は参考にしてください。

ふるさと納税のポータルサイトの選び方

ふるさと納税サイトの選び方

ふるさと納税のポータルサイトは、自分に合ったところを選びましょう。基本的な3つのポイントをまとめたので確認してください。

1.欲しい返礼品を掲載しているサイトから選ぶ

契約自治体数や掲載している品数が多ければ、自分が求める返礼品も見つかりやすいです。

もちろん自治体数が少ない場合も、返礼の品数や種類の豊富なサイトは存在しています。

ただし、用意している数が少ないので、申し込み数によっては受付が停止されることもあるでしょう。

また、欲しい返礼品からサイトを選ぶ方法もあります。

例えば電化製品なら「ふるなび」、旅行関係なら「ANAのふるさと納税」や「ふるぽ」など、好みの返礼品からサイトを探してください

2.ポイント還元率で選ぶ

クレジットカードやサイト内のポイント、大手ECサイトのポイントなど、ポイント還元率の多いサイトを比較しても良いでしょう。

手持ちのクレジットカードでふるさと納税を支払って、いつもの買い物以上にポイントが付くのであれば、利用しない手はありません。

3.決済方法で選ぶ

ふるさと納税は、ポータルサイトごとに決済方法が異なります。

主に上げられる、基本的な決済方法の例は以下のようなもの。

  • クレジットカード
  • 楽天ペイ
  • Amazon pay
  • d払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • Pay Pal
  • メルペイ
  • Pay-easy
  • ネットバンク支払い
  • コンビニ支払い

さまざまな方法があるので、自分が決済しやすい手段を選んでください。

【編集部セレクト】ふるさと納税サイトのおすすめランキング

ふるさと納税サイトおすすめランキング

総合的に判断したおすすめサイトのランキングです。

1位.さとふる|返礼品が届くまでの期間が早い

さとふるは、なんと言っても返礼品の届くスピードが早いです。

もちろん住んでいる場所にもよりますが、発送日や発送状況をマイページで確認できるから安心できますよ。

寄附受付履歴から「受付済み」「配送準備中」「配送中」のステータスがわかるので、現在の状況が一目瞭然。

おすすめ返礼品

品目自治体価格
秘伝の赤タレ漬け
牛ハラミ肉1.5kg
大阪府
泉佐野市
10,000円
大サイズ
国産うなぎ蒲焼2本
和歌山
県有田市
10,000円
数量限定
シャインマスカット2房
山梨県
山梨市
12,000円
かつおぶし&
鰹節削り器
鹿児島県
枕崎市
10,000円
市田柿フロマージュ
200g
長野県
飯田市
5,000円

2位.楽天ふるさと納税|楽天ポイント還元率が高い

楽天市場は通常100円=1ポイントですが、キャンペーン期間中は2~3倍になること、もあります。

さらに楽天カードで支払えば2倍になり、カード会員のステータスが高ければ、ポイント還元率はもっと高くなる傾向も見られます。

おすすめ返礼品

品目自治体価格
いくら醤油漬け
80g×8個
北海道
根室市
20,000円
圧力スチーム炊飯器
5.5合炊き
茨城県
日立市
19,000円
バスクチーズ
ケーキ
佐賀県
佐賀市
5,000円
南部鉄器
鉄瓶東雲アラレ
岩手県
奥州市
44,000円
伊豆の天然水
2L×18本
静岡県
伊豆の国市
9,000円

3位.ふるさとチョイス|契約自治体数・掲載返礼数NO.1

契約自治体数と掲載返礼数の多いふるさとチョイスなら、欲しい返礼品が見つかります。

おすすめ返礼品

品目自治体価格
松坂牛ヒレステーキ三重県
松坂市
12,000円
鞠智 コンフィチュールの
ギフトセット
福岡県
小郡市
12,000円
花巻産南部
小麦そうめん 5kg
岩手県
花巻市
9,000円
アコヤ真珠 ピアス
K-18 WG 7.5mm
長崎県
大村市
30,000円
城主証・城主手形熊本県
熊本市
10,000円

4位.ふるなび|家電の返礼品を狙っているならおすすめ

家電の返礼品が欲しい場合は、ふるなびを使ってください。

身近なモノから高級品まで、掲載されている家電の幅が広めです。

おすすめ返礼品

品目自治体価格
象印ホットプレート
「やきやき」
EAGW30-XB
大阪府大東市65,000円
全自動コーヒーメーカー
3カップ
新潟県燕市94,000円
シーリングライト
8畳用
茨城県日立市30,000円
カセットこんろ
ヒバリン
兵庫県加西市40,000円
ヨーグルトメーカー宮城県角田市25,000円

5位.ふるさとプレミアム|6%相当のAmazonギフト券がもらえる

ふるさとプレミアムなら、寄附金に応じた6%のmazonギフト券がもらえます。

キャンペーンの期間にもよりますが、うまく利用して還元してもらいましょう。

おすすめ返礼品

品目自治体価格
新潟県岩船産
ゆきん子舞
新潟県村上市10,000円
焼酎尾鈴山猿定期
コース3回
宮崎県木城町30,000円
小豆島のいちご
女峰1kg
香川県土庄町10,000円
自宅で体験!
博多織鈴箱作り
福岡県宗像市8,000円
ハーブセット
8種
佐賀県みやき町5,000円

【目的別】ふるさと納税サイトのおすすめランキング

ふるさと納税目的別ランキング

おすすめ項目ごとにランキング形式でご紹介します。

自治体数、掲載品数が多いランキング

自治体数や掲載品数が多ければ、好みの返礼品も見つかりやすいですよ。

順位ポータルサイト名自治体数掲載品数
1位ふるさと
チョイス
1,788434,039
2位楽天
ふるさと納税
1,160167,809
3位さとふる827298,865
4位ふるなび588152,675
5位ANA
ふるさと納税
35094,397

ポイント還元率が高いランキング

ポイント還元率が高ければ、お得感が得られます。(ポイント還元はわかりやすさも考慮)

順位ポータルサイト名ポイント還元率
1位さのちょくさのちょくポイント
1,000円=300P
2位楽天
ふるさと納税
楽天ポイント
100円=1P
3位ふるさと
チョイス
チョイス公式ポイント
(寄附額に応じる)
4位ANAの
ふるさと納税
ANAマイル
100円=1マイル
5位ふるぽふるぽポイント
(寄附額に応じる)

お得なキャンペーン中のサイトランキング

キャンペーンを利用すれば、メリットも盛りだくさん!(ただし抽選の場合もあり)

期間限定のポイント還元も受けられますよ。

順位ポータルサイト名キャンペーン内容
1位ふるさと
チョイス
対象自治体への寄附で、
JTBトラベルギフトや
ピクニックグッズが当たる
2位さのちょくSNSの友達登録で
毎月変わるプレゼント抽選
3位ふるなびエントリー&寄付で
Amazonギフト最大7%
4位ふるさと
プレミアム
寄附額6%の
Amazonギフトがもらえる
5位ふるさと本舗10,000円以上の寄附で
5%のAmazonギフト

ふるさと納税を申し込む前に!注意しておきたい3つのポイント

ふるさと納税注意ポイント

申し込む前に、3つのポイントを確認してください。

申し込んだあとで、「あっ!失敗したかも」と思っても簡単には取り消せません。

自分の寄附可能上限額を計算しておくこと

寄附可能金額の上限は、申し込む本人の所得によって変わります。

上限額を超えて支払った場合は、超えた金額分の控除は受けられません

。損をするわけではありませんが、控除対象にならない金額分は、純粋な寄附金となります。

寄附可能上限額の簡単な算出方法は、住民税所得割額2割程度と言われています。

家族構成や年収、住んでいる自治体の住民税や就業形態によっても変わります。

<会社員のケース>

寄附可能金額の上限=(課税所得×0.02)÷課税所得に対する係数+2,000円

例)年収300万円

300万の所得に対する係数は0.7979

(300万円×0.02)÷0.7979+2,000円=77,197円

課税所得に対する係数は、国税庁のHPでも解説されています。

「計算が難しい」という場合は、ポータルサイトの寄附可能金額上限シュミュレーションを活用しましょう。

家族構成や年収を入力すれば、面倒な計算なく自動で割り出してもらえます。

確定申告か、ワンストップ特例制度を利用するか決める

ワンストップ特例制度は、確定申告が不要な会社員、年間で5つ以内の自治体へ寄附した人が利用対象です。

そのため確定申告必須の個人事業主は利用できません。

利用手順

  1. ふるさと納税の申し込み
  2. 自治体から特例制度の申請書&寄附金受領証明書が届く
  3. 必要書類を郵送
  4. 住民税決定通知書で控除されていることを確認

これがワンストップ特例制度の大まかな流れになります。

ポータルサイトによっては、会員登録した情報(住所な名前等)が入力され、申込日や寄附金額記載した申請書も作成可能です。

PDFファイルでダウンロードすれば、捺印とマイナンバーを記載するだけで、申請書を完成させることもできます。

会社員はどちらでも利用できますが、ワンストップ特例制度を使ったほうが圧倒的に便利です。

確定申告にはさまざまな書類が必要となり、慣れていない人にとっては難しいかもしれません。

実際に控除されるのは翌年から

確定申告でもワンストップ特例制度の利用でも、実際の控除を受けられるのは、ふるさと納税を申し込んだ翌年からの適用です。

ふるさと納税を申し込んだ当年の所得税と、ふるさと納税を申し込んだ翌年以降(翌年6月~翌々年5月)の住民税が対象となります。

そのため給料明細を確認すれば、ふるさと納税を申し込んだ翌年の所得税控除がわかるでしょう。

住民税の控除は、毎年6月に送付される「住民税決定通知書」で確かめられます。

早速ふるさと納税を始めよう!基本的なやり方と申し込み方法

ふるさと納税申し込み方法

ふるさと納税の基本的な流れと申し込み方法をまとめています。

1.寄附する自治体を決める

寄附先の自治体を選びましょう。自分がお世話になっている場所や実家、住んだことのある市区町村や好きな自治体など、選ぶ条件に決まりはありません。

豪雨被害や地震被害など、災害支援で寄附募集のある自治体も良いでしょう。

どこに寄付するかは自由なので、お好みの自治体を選んでください。

2.ふるさと納税サイトの会員登録

寄附したい自治体が決まったら、ふるさと納税サイトに会員登録してください。

登録しなければ、申し込みはできません。

自治体運営のサイトに直接申し込むことも可能ですが、その場合でも登録は必要です。

3.各ふるさと納税のサイトにて寄附を申し込む

各サイトで申し込み手続きを行いましょう。「サイトの使い方がわからない」「これはどうすれば良いの?」という疑問は、「よくある質問」を確認してください。そこに記載されていなければ、お問い合わせから質問できます。お問い合わせ欄が用意されていなくても、サイト上に24時間サポートの自動応答チャットで対応してもらえるでしょう。

ワンストップ特例制度を利用する場合は、寄付申し込みと同時にその旨を明記してください。

4.寄附金を支払う

サイトの決済方法に従って、寄附金を支払います。多くのサイトでは複数の支払い方法に対応しているため、支払いに当たってはそれほど不便を感じないでしょう。

5.平均1~2ヶ月後に返礼品と証明書が届く

寄附金を支払ったあとは、返礼品が届くのを待つだけ。寄附金受領証明書は、返礼品と別に届きます。これは事務手続きの関係なので、返礼品と一緒に送られてこなくても問題ありません。

申し込みの混雑具合によりますが、申し込んだあと平均して1~2ヶ月程度で自宅へ送られてきます。確定申告の場合は、寄附金受領証明書が必要なるので、紛失させないよう注意してください。

まとめ

ふるさと納税おすすめまとめ
  • 契約自治体数や返礼品数で比較
  • ポイント還元率や決済方法から選ぶ
  • 自分の寄附可能上限額を確認
  • ワンストップ特例制度を利用

ふるさと納税ポータルサイトをうまく活用しましょう。「たくさんあるから、どこが良いかわからない」という声もありますが、返礼品やポイント還元率等を確認すれば、自分に合ったサイトが見つかりますよ。毎年そのサイトを使う必要もないので、翌年は気になっている別のポータルサイトを利用してもかまいません。

ここで説明している以外も、自治体が直接運営する「ふるさと納税サイト」もあります。「絶対に○○市へ寄附したい」と気持ちが決まっているなら、ポータルサイトを利用する必要はないかもしれません。また、ポータルサイトに掲載されていない自治体もあります。返礼品の種類や内容を比べたい場合は、ポータルサイトをフル活用してください。

関連記事