痩身エステは意味ない?痩せた人と痩せない人の違いや効果を解説

7 min
脂肪を減らす

痩身エステ意味ない・効果ないって聞くけど…ダイエット効果はないの?
痩身エステってむくみにも効果はあるの?

1回では痩せない?ずっと通わないと意味ない?
全身エステじゃなくて、脚やせとかの部分痩せ目的だけでも通える?

「痩身エステは実際痩せないって聞いたけど本当?」
「痩身エステで痩せる人はどんな人?」

痩身エステで痩せたという人もいれば、全く意味がなかったという声も耳にします。

この記事では、痩身エステで痩せる人と痩せない人の違いや、痩せるために必要なことも紹介しますね。

編集部

編集部

効率よく痩身エステを利用して、理想のカラダを目指しましょう。

編集部おすすめ

BODYARCHI バナー
出典:公式サイト
おすすめポイント
  • 定額制セルフエステなので支払いに不安を感じにくい
  • 最新のエステマシンを使える
  • 完全個室で人目を気にしなくて良い

瘦身エステに通いたいけど、敷居が高くて迷っている・・・そんな方におすすめな『定額制のセルフエステ』です。

営業時間10:00~20:30
定休日日曜日
店舗数39店舗
料金デイタイムメンバー45 11,000円/月
ビジター 5,500~6,600円/回
その他のプランあり
エステマシンの種類フォースカッター
予約方法アプリ、webサイト
無料体験の有無有り

「痩身エステは痩せない」は本当?

痩身エステは意味ない

痩身エステで痩せないという話を聞いたことがあると思います。

運動でもなかなか痩せないのに、痩身エステで痩せるはずがないと考えている人もいるかもしれません。

痩身エステには痩身エステの痩せる仕組みがあります。

仕組みやエステの効果を最大限に発揮するための取り組みで痩せることは可能です。

まずは痩身エステの仕組みについて見ていきましょう。

痩身エステの仕組み

そもそも痩身エステとは何でしょう。

痩身エステとは

痩身エステは、主にエステサロンで行われる痩身方法で、特別な資格は不要です。施術ではマッサージ、痩身マシン、サプリメントなどを使用します。それらにより、リンパの流れや骨盤などの歪みを正すことなどで、脂肪を落としやすくする「体質改善」がメインの施術です。

引用元:渋谷美容外科クリニック

痩身エステの目的は体質改善なのです。

つまり、痩せやすい体質になることがエステに通う目的ということです。

痩身エステは使うマシンや施術方法によって脂肪への効果が異なります。

よく目にする痩身エステの種類を見ていきましょう。

ハンドエステ

痩身エステは意味ない

エステティシャンの手による施術のことです。

インドエステなどもハンドエステです。

ハンドエステは、人の手によるため細やかな施術が可能です。

マシンで行う施術と比べると全て人の手で行うため安全です。

エステティシャンの技量に全てがかかってしまうため、エステティシャン選びがカギになります。

キャビテーション

キャビテーションはたかの友梨ビューティクリニックジェイエステティックなどで導入されています。

そもそもキャビテーションは「空洞現象」を意味します。

圧力の差により水の中で気泡が発生する現象のことをいいます。

痩身エステでのキャビテーションは、超音波を当てることで体内の水分から発生した気泡が弾けるエネルギーで脂肪細胞を破壊します。

壊れた脂肪細胞は血液やリンパに溶け込み排出されやすい状態になります。

「排出されやすい状態になる」ところまでがキャビテーションなので、その後でハンドエステやラジオ派などで排出するための施術を行うとよいと言われています。

キャビテーションは直接脂肪細胞を破壊するのでリバウンドの心配がないのが特徴です。

セルライトが気になる人や、腕など部分痩せしたい人におすすめです。

ラジオ派

ラジオ派とは、周波数の高い電磁波を流すこと体内の水分を振動させて熱を作り出し、深部の細胞に届きます

深部の細胞に届くことで、脂肪の奥にある皮下細胞に振動を起こし脂肪が溶け出しやすい状態を作り出します。

ラジオ派の施術を行うと新陳代謝が上がります。

またコラーゲンの量を増やす効果もあり、肌のしわやハリにも効果があります。

吸引

吸引は頑固なセルライトに効果があります。

掃除機のようなイメージで、掃除機の吸口をピタッとつけると肌が引っ張られるあの感じです。

吸引をすることで、セルライトを潰して脂肪を流していきます

吸引は皮膚を巻き込んで施術するので痛い場合がありますが、セルライトには効果大です。

皮膚を吸引するので跡が残る場合があります。

あまりに痛みを伴う場合はエステサロンに相談することをおすすめします。

吸引をするとカラダが温まるので施術後はポカポカ気持ちが良いです。

EMS

「Electrical Muscle Stimulation」の頭文字を取ってEMSといいます。

EMSは専用のパッドをカラダに貼り、電気刺激を与え筋肉を強制的に収縮させます。

筋肉が勝手に動いている状態を作り上げることで、横になっていても運動したのと同じ効果を得られます。

EMSは周波数によって効果が異なり、周波数をあげるとよりカラダの奥の筋肉を刺激するのでインナーマッスルを鍛えることもできます。

多くのエステサロンでEMS施術が組み込まれていますし、アスリートも使っていたりします。

痩身エステで効果が出にくい場合

痩身エステで効果が出にくい場合

痩身エステで効果が出にくい場合には、いくつか要因が考えられます。

痩身エステで効果が出にくい要因
  • 夏場である
  • 生理前〜生理中である
  • 食生活がエステを始める前と何も変わっていない
  • エステサロンの技術力が低い

よく挙げられる要因は上の4つです。

それぞれ見ていきましょう。

夏場である

ダイエットをするには夏よりも冬の方が効果的です。

冬は体温を保つために基礎代謝が1年で1番上がる時期です。

とはいえ冬は脂肪を溜め込みやすい時期でもあるので、筋肉を増やすことを意識するとよいといわれています。

生理前〜整理中である

女性のカラダの周期の中で、生理後が最も痩せやすい時期です。

生理前(〜生理中)は基礎体温が低く水分を溜め込みやすい時期なので、ダイエットやエステには向いていないと言われます。

逆に生理後2週間は代謝をよくするエストロゲンというホルモンが増えるため、痩せやすい時期といわれます。

食生活が変わっていない

痩身エステは意味ない

エステに一生懸命通っても、日々の食事や運動の週間に問題があればエステの効果は見込みにくいです。

例えばせっかくエステで脂肪が排出されやすい状態を作り出しても、その後でジャンクフードをドカ食いしたり、大酒を飲めば効果が薄くなることはなんとなくイメージできます。

エステでは食生活についてのアドバイスもしてくれるので、実践することが痩身の近道です。

エステサロンの技術力が低い

エステサロンの使っているマシンの質やエステティシャンの技術力で痩身効果が薄い場合があります。

最新マシンの方が効果は出やすいですし、経験値の高いエステティシャンの方が技術力があるといえます。

とはいえ利用者がマシンの性能やエステティシャンの技術力をあらかじめ調べるのは難しいので、希望のエステサロンの体験コースを受けてみるようにしましょう。

体験はしご

エステサロンの体験コースをはしごすることを「体験はしご」といいます。

通常エステに通うよりも安く施術を受けられるため、短期間で多くのエステサロンの体験を受けてダイエットに取り組む人もいるほどです。

「体験したら、契約しなくちゃいけない」

と思う必要はありません。

自分が行きたいエステサロンなのかを判断するためにも、エステを考えているならいくつかのエステサロンの体験コースを受けることをおすすめします。

痩身エステで効果的に痩せるためにすること

痩身エステで効果的に痩せるためにすること

ここまで痩身エステで効果が出にくい場合を紹介してきましたが、ここからは効果的にエステで痩せるための方法について紹介します。

痩身エステで効果的に痩せるためにすること
  • 飲酒を控える
  • 水を飲む
  • 食事にも気を配る
  • 自宅でできる運動をする
  • 生理後2週間が痩せやすい

誰でもできることばかりなので、ぜひ取り入れてみてください。

飲酒を控える

痩身エステの前夜にお酒を飲むとカラダが浮腫んで効果が出にくくなる場合があるようです。

また、キャビテーションでは溶け出した脂肪を分解するときの内臓の負担も大きくなりがちです。

痩身エステ前後の飲酒は控えるようにするとよいでしょう。

水を飲む

痩身エステを受けた後は、新陳代謝を上げるために水を多く摂りましょう。

普段からも水を飲むとよいとされています。

食事にも気を配る

痩身エステの目的は「脂肪を落としやすい体質への改善」です。

普段から摂っている食事が太りやすければエステの効果も薄れてしまいます。

エステに行くと食事改善のアドバイスをもらえるので積極的に実行しましょう。

食事指導してくれるエステサロン

エルセーヌは施術だけではなく、生活習慣と食事習慣の改善についても積極的に関わってくれます。

Instagramでも食事週間について発信していますので一度見てみると良いかもしれません。

自宅でできる運動をする

痩身エステは意味ない

自宅でちょっとした運動を取り入れるのもよいです。

ウォーキングやサイクリングなどを日課にするなど無理なく楽しめる程度から始めます。

また、施術内容によっても運動すると効果的な期間があります。

キャビテーションの場合は施術後3〜4日は脂肪が排出されやすいといわれるので、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を積極的に行うとよいといわれます。

運動のタイミングや内容についても、担当のエステティシャンに一度相談するとよいでしょう。

まずは痩身エステを体験してみよう

まずは痩身エステを体験してみよう

何よりもまずは体験コースに行って施術を受けてみることをおすすめします。

体験コースはメリットがたくさんあります。

痩身エステで効果的に痩せるためにすること
  • 効果を実感できる
  • 痩せるための情報を手に入れられる
  • エステの利用方法がわかる
  • エステの比較ができる

エステ初心者さんだと体験コースに行くことにそもそも勇気がいります。

エステの費用は高いので、エステに通おうと思うのならぜひいくつかのエステ体験を受けて比較してみてくださいね。

効果を体感できる

ホームページやインターネットの口コミをみるとエステの情報は手に入りますが、体験コースに行ってみると実際の施術内容や効果を経験できます。

「本当に効果があるのか」「施術は痛くないのか」など体験でしか得られない情報なので、自分に合っているかなど確認してみてください。

痩せるための情報を手に入れられる

カウンセリングや施術中に、エステティシャンにエステの効果や痩せるための生活習慣や食生活について質問して、情報やアドバイスをもらいましょう。

体験コースで得た情報だけでもかなり有益だったりします。

また質問の回答でエステティシャンが熟練しているのかや知識が豊富かどうかなどの判断もできます。

エステの利用方法がわかる

「エステってどういうところ?」

何をするかは知っていても、どのようなタイミングでエステを利用すればよいのかなどはやはりエステサロンで聞くのが一番です。

エステの比較ができる

エステサロンの体験コースにいくつか行ってみることで比較ができます。

最低でも3つのエステサロンの体験コースに行くことをおすすめします。

希望の痩身マシンなど特に無ければ、キャビテーション・吸引・ラジオ派・ハンドと異なる施術方法を体験してもよいかもしれません。

いくつかの体験コースを経験すると、エステサロンの施設の清潔さや雰囲気、サービス、スタッフの対応など自分なりに比較することができるので選びやすくなります。

どのエステにしようか悩んでいるなら下記の記事も参考にしてくださいね。

痩身エステを知って痩せる

痩身エステを知って痩せる

この記事では痩身エステで効果がないという人がいるのは何故かを紹介しました。

この記事の要約
  • 痩身エステで効果がない理由はいくつか考えられる
  • 痩身エステで効果的に痩せるために自分でできることは誰でもすぐできる事ばかり
  • 痩身エステを考えているなら体験コースに行ってみるのがおすすめ

ただ闇雲に痩身エステに行くよりも、効果的に痩せるやり方で痩身エステを利用した方が理想のカラダに近づきそうです。

痩身エステに行って効果がないなんてことにならないように、まずは体験コースを受けてみてくださいね。

関連記事