郡山のほくろ除去おすすめクリニック5選の値段や口コミ!ほくろ取り放題の安い皮膚科は?

13 min

ほくろ除去を郡山市でするのに保険適用できる皮膚科はあるの?
郡山市のほくろ除去クリニックで口コミ評判で値段が安いのは?
ホクロ除去を福島県内や郡山でするのにおすすめは?

ほくろ取りをやりたい!でもどこの皮膚科や美容クリニックを選んだらいいの?それに値段や治療はどんな感じなの?とお悩みの方も多いと思います。

ほくろ除去にも少なからずリスクはありますが、知識をつけてクリニック選びをすることで、失敗する確率はぐっと軽減できます。

この記事では『郡山のほくろ除去がオススメのクリニック5選』と以下3つを中心に紹介します。

保険適用でほくろ除去ができるクリニックも紹介していますので、なるべく料金をおさえたいという方も、是非参考にしてください。

目次

最新情報TCBの新生活応援キャンペーンでお得に美容施術!

その名も新生活応援キャンペーン!!

新生活応援キャンペーンとして2月末まで施術の割引を開催しています!

1円以上の全施術が25,000円OFFや二重整形やクマ取り、鼻整形や糸リフトなどの割引キャンペーンも実施中です。

キャンペーンタイミングを逃さずにこの冬の間にTCBの美容整形にチャレンジしましょう!

ほくろ除去の方法の種類|郡山で病院に行く前に

郡山で病院に行く前に、まずはほくろ除去の方法について理解を深めていきましょう。

ほくろ除去の方法には大きく分けて4つあります。

  1. レーザー治療
  2. 電気メス法
  3. 切開法
  4. くり抜き法
レーザー治療法電気メス法切開法くり抜き法
ほくろの大きさ3mm以下6mm以下
(盛り上がったほくろ)
6mm以上5mm前後
内容ほくろの表面を
レーザーで削る
ほくろの表面を
電気の熱で削る
メスでほくろを取り糸で縫合するメスでほくろを
円形にくり抜く
抜糸
不要

不要(2週間程保護テープ使用)

1~2週間後

不要
(テープで保護
などで対応
価格相場
5,000円~

5,000円~

10,000円~

10,000円~
ダウンタイム
数日

1週間

1週間~2週間

6カ月
再発の可能性
あり

あり

ほとんどない

ほとんどない

自分が除去したいほくろの大きさや形はどうか?という点もしっかりチェックしておくと、施術方法決めやすくなりますよ。

では、ほくろ除去の4つの方法を、ひとつずつ詳しく解説していきます。

ほくろ除去の方法の種類|1.レーザー治療

施術方法レーザーで小さな穴をあけ組織の再生を促し除去
適応するほくろ3mm以下の平たいほくろ
抜糸不要
価格相場5,000円~
ダウンタイム数日
再発の可能性あり
メリット
  • 小さな傷で治りが早い
  • 痛みや出血がない
  • ほとんど跡が残らない
  • 価格も一番安価
デメリット
  • 大きなほくろや盛り上がったほくろには向かない
  • 再発の可能性がある
  • 深い場所にあるほくろは取れない

レーザー治療法は直径3mm以下で、表面が平らなほくろの除去に有効な治療法です。

極細のレーザーでお肌の表面に小さな穴を無数に開け、組織の再生を促すことで小さなほくろを取り除きます。

基本的に1回の治療で取れる場合が多く、傷跡をほとんど目立たせず短い時間で施術可能なので、最も手軽にほくろ除去が可能な方法です。

さらに、ほくろ除去に使われるレーザーにはいくつか種類があります。

レーザーの種類特徴
炭酸ガス(CO2)レーザーほくろ除去で最も用いられるレーザー。
ほくろの細胞とメラニン色素を蒸散させ除去する。
YAGレーザー(ヤグレーザー)特定の色素(メラニン色素)だけに反応し吸収するレーザー。
炭酸ガスレーザーで取りきれなかったほくろにも用いられる。
Qスイッチルビーレーザーメラニン色素の吸収率が高くパワーの強いレーザー。
ほくろだけでなくアザやシミなどにも用いられる。

カウンセリング時にどのレーザーが自分のほくろ除去に最適な種類かどうかを確認しておきましょう。

ほくろ除去の方法の種類|2.電気メス法

施術方法ほくろの表面を電気の熱で削る
適応するほくろ6mm以下の盛り上がったほくろ
抜糸不要(2週間程度保護テープ使用)
価格相場5,000円~
ダウンタイム1週間
再発の可能性あり
メリット
  • 手術と同時に止血ができるため、ほとんど出血がない
  • 手術時間が短く、切開ができない箇所のほくろも取ることができる
  • ほぼ1回の手術で切除が可能で、通院の必要がない
デメリット
  • 大きなホクロを除去しようとすると、陥没する可能性がある
  • 焦げ目ができるため、底の辺りが黒くなることがある

電気メス法は、高周波の電気メスを用いてほくろを除去する施術方法で、6mm以下の盛り上がったほくろを除去したい方におすすめです。

電気メスの熱を利用してほくろの表面を削り取り、ほくろの原因となっている細胞を焼いていきます。

施術時はしっかり麻酔をするので、痛みや出血はほとんどありませんし、切開法などとは異なり縫う必要がないため、抜糸の必要もありません

施術後2週間ほどは保護テープを付けておく必要がありますが、その上からメイクも可能で、もちろん入浴・洗顔もできます。

ほくろ除去の方法の種類|3.切開法

施術方法メスでほくろを取り糸で縫合する
適応するほくろ6mm以上
抜糸1~2週間後
価格相場10,000円~
ダウンタイム1週間~2週間
再発の可能性ほとんどない
メリット
  • 再発の可能性が低い
  • 大きなほくろを取ることができる
  • ほとんど1回の手術で除去できる
デメリット
  • ほくろの直径の約4倍ほどの傷跡が残る
  • 抜糸するため通院が必要

切開法は、メスを使ってほくろを切除して縫い合わせる方法です。

直径6mm以上の大きなほくろや、浮き出たり膨らんだりしているほくろを除去したい方におすすめです。

周辺組織からしっかり切除するため再発率の少ない方法ですが、抜歯直後はほくろの直径の約4倍ほどの傷跡が残ります

その後、時間経過とともにほとんど目立たなくなっていきます。

ほくろ除去の方法の種類|4.くり抜き法

施術方法メスでほくろを円形にくり抜く
適応するほくろ5mm前後
抜糸不要
(テープで保護のみの場合が多い)
価格相場10,000円~
ダウンタイム6カ月
再発の可能性ほとんどない
メリット
  • 再発の可能性が低い
  • くり抜いた組織の病理診断(良性悪性の診断)が行える
  • 小さなほくろやいぼの場合、ほとんど傷跡にならない
デメリット
  • まれに傷跡が盛り上がったり、へこんでしまうことがある
  • ダウンタイムが長い

くり抜き法は、ほくろの周りを円形にくり抜き、縫い合わせる方法。

切開法はほくろ除去後に糸で縫合しますが、り抜き法は保護テープなどで傷跡の自然治癒を待つことが多いです。
そのため、術後が大きく変わります!

くりぬき法でのほくろ除去後は軟膏や保護テープなどを使い、その後はかさぶたとなり自然治癒するのを待ちます。

その分、他の方法に比べてダウンタイムは長いですが、再発の可能性がほとんどないのが大きなメリットです。

  • 悪性の可能性があるほくろ
  • 深さのあるほくろ
  • 再発したほくろ

ほくろを確実に除去したい方レーザーや電気メスでは除去できなかったほくろにも向いています。

郡山でほくろ除去クリニックを選ぶ4つのポイント

スマホを見て考える女性

ほくろ除去をする上で重要になるのがクリニック選びです。

ほくろ除去を成功させるためのクリニック選びのポイントを4つ紹介します。

クリニックを選ぶポイント
  1. 自分に合った施術が選択できるか
  2. 料金は支払い可能な金額か、明瞭な料金設定か
  3. カウンセリングは丁寧か
  4. 自宅からの通いやすさはどうか

上記の4つのポイントを押さえることで、あなたにぴったりのクリニックを見つけられますよ!

ほくろ除去を選ぶポイント|1.自分に合った施術が選択できるか

まず大切なのが、自分の除去したいほくろに最適な方法を選択できるかどうかです。

ほくろ除去の方法として

  • レーザー治療法
  • 電気メス法
  • 切開法
  • くり抜き法

この4種類を紹介しましたが、全てのクリニックが4種類の施術方法を採用しているわけではありません。

自分の除去したいほくろに適した施術方法が行えるか、ホームページや電話で確認しましょう。

どの方法で除去するのが最適か分からない場合は、なるべく多くの施術方法を行っているクリニックを選ぶのもいいでしょう。

ほくろ除去を選ぶポイント|2.自分の予算内で施術が可能か

電卓と財布

ほくろ除去をするクリニックを選ぶ上で、自分の予算内で施術が可能かどうかも大切なポイントです。

ほくろ除去代とは別に、麻酔代やアフターケア代が追加料金となる場合もあります

さらに、除去するほくろの数が多くなればなるほど料金は高くなります。

自分が除去したいほくろの大きさや数と支払い可能な予算をあらかじめ決めた上で、カウンセリングで相談してみましょう。

その際に、大体の価格相場を把握しておくといいでしょう。

レーザー治療法電気メス法切開法くり抜き法
価格相場5,000円~5,000円~10,000円~10,000円~

しっかりカウンセリングで説明を受けた上で、「このクリニックに任せたい!」と思えるクリニックを選びましょう。

ほくろ除去を選ぶポイント|3.カウンセリングが丁寧か

カウンセリングは丁寧か

ほくろの悩みは大きさや数、場所など人それぞれで、最適な施術方法もひとりひとり異なります。

そのため、事前にカウンセリングを丁寧に行ってくれるクリニックかも重要なポイントです。

  • 親身になって話を聞いてくれるか
  • 自分に合った施術方法を提案してくれるか
  • いきなり高額施術を押し売りしないか

こういった点を、クリニックの口コミや人気度合いなどと比較して見極める必要があります。

師との相性やクリニックの雰囲気、価格など説明の明確さなどホームページだけでは分からないことも多いです。

ほとんどのクリニックは無料カウンセリングを行っているので、まずはカウンセリングに行くことをオススメします!

カウンセリング時に、施術後のアフターケアについても確認しておくと安心です。

ほくろは除去して終了ではなく、施術後のアフターケアの有無で傷跡の治りに差がでることも。

事前に不安なことや疑問に感じることは、しっかり確認して安心してほくろ除去に臨みましょう。

ほくろ除去を選ぶポイント|4.家や駅から通いやすいかどうか

医師やクリニックの雰囲気も良く、予算もクリアできるクリニックでも、自分の行動範囲からあまりに外れて通いずらい場所なのは考えものです。

施術自体は1回で終わっても、その1回で通院が終了とは限りません。

  • 抜糸
  • 経過観察の通院
  • 万が一のトラブルがあったとき
  • ほくろを数回に分けて除去する

こういった場合のことも考えて、通院しやすい場所のクリニックを選ぶのがベターです◎

自宅近くにクリニックがあればベストですが、なければ駅チカでアクセスしやすいクリニックがオススメです。

車で通院する場合は、駐車場の有無も必ず確認しましょう!

郡山のほくろ除去オススメクリニック5選

エステサロンの受付

ここからは、ほくろ除去がオススメのクリニック5選を紹介します。

郡山でほくろ除去クリニックをお探しの方は是非見ていってくださいね!

TCB東京中央美容外科 郡山院

TCB東京中央美容外科は、全国に90医院以上も展開している業界大手のクリニックです。
大手ならではの蓄積された情報と、精鋭された確かな技術を持つドクターにより綺麗にほくろを取り除く事ができます。
TCBでは、患者のほくろ除去の不安をなくす為に事に力を入れており、カウンセリングから術後のアフターケアまで安心して受けられます。

クーポンや会員割引、シニア割引といった割引制度も多く用意されていますので、お得に安くほくろ除去施術を受けられます。
郡山市でほくろ除去の治療を受けたいなら、TCBは間違いなしのおすすめクリニックです。

TCB東京中央美容外科 郡山院のほくろ除去施術の詳細

料金【電気メス】
・2㎜以下:4,980円
・4㎜以下:7,640円
・6㎜以下:10,200円
【切開法】
1㎜あたり:19,800円
【くり抜き法】
1㎜あたり:10,200円
割引制度・LINEクーポン:友達登録で最大5.5万円割引クーポン配布
・TCB会員割引:平日 30%OFF・休日 25%OFF
・シニア割引:60歳以上の方 5%OFF
・モニター割引
施術方法電気メス・切開・くり抜き
施術時間約10分
初回カウンセリング無料
麻酔表面麻酔もしくは局所麻酔
保証なし
※価格はすべて税込  ※価格は2024年1月現在の情報です。

今回、初めての美容外科で少し緊張しましたが、対応もよく
とても良い施術を受けることができました。
有難うございます

引用元:美容医療の口コミ広場

思い切ってほくろを取ってよかったと思います。お化粧することが前より楽しくなりました。ほくろが気になる方は思い切って取ってしまうことをおすすめします(^^)

引用元:美容医療の口コミ広場
クリニック名TCB東京中央美容外科 郡山院
最寄り駅JR郡山駅
所在地福島県郡山市駅前2-3-7 エリート30ビル 7F・8F
アクセスJR郡山駅から徒歩2分
駐車場駐車場なし、駐車料金負担制度あり
診察時間電話予約受付時間:9:00 ~ 23:00
診療時間:10:00 ~ 19:00
休診日不定休
電話番号0120-197-221

城本クリニック 郡山院|ほくろ取り放題プランあり

城本クリニックは、JR郡山駅からわずか徒歩1分でアクセスできます。開業以来30年以上の歴史と確かな実績があるクリニックです。
城本クリニックでは、常に患者の立場に立つ事でゆっくりで丁寧なカウンセリングを受けられますので、ほくろにコンプレックスがある方や、人に言えないほくろの悩みがある方でも安心して相談をする事ができます。
また、5㎜以内の大きさのほくろなら10個まで取り放題のプランも用意されていますので、安くて一度に多くほくろを取り除きたい方にもおすすめなクリニックとなっています。


カウンセリングは無料で受けられますので、ほくろで悩みがある方はまずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

城本クリニック 郡山院のほくろ除去施術を紹介

料金【電気分解法】(電気メス)
5mm以内1個:11,000円
【切開法】
33,000円~
【顔のほくろ取り放題
5mm以内10個まで:55,000円
※平日限定、人数制限あり
割引制度なし
施術方法電気メス・切開法
施術時間10~15分
初回カウンセリング無料
麻酔局所麻酔
保証なし
※価格はすべて税込 ※価格は2024年1月現在の情報です。

気になっていた部分がキレイになり
今では他のところも気になりまた
行きたいと思ってます
納得いく説明や声かけていただいた
部分が大きく、ありがとうございました。

引用元:美容医療の口コミ広場

赤みがなかなか消えないのはカウンセリングで言われていたので特に問題視していなかった。ただ再発してしまった箇所があるので残念でした。(施術前のほくろよりは小さい)

引用元:美容医療の口コミ広場
クリニック名城本クリニック郡山院
最寄り駅JR郡山駅
所在地福島県郡山市駅前1-6-5 ピースビル郡山2F
アクセスJR郡山駅から徒歩1分
駐車場なし
診察時間10:00~19:00【完全予約制】
休診日土曜・日曜・祝日も診療
電話番号0120-107-929

郡山タウン形成外科クリニック

郡山タウン形成外科クリニックは、郡山以外では東京の表参道と東北地方に展開しているクリニックです。

院長の石原ドクターの評判もとても良く、院長の治療を受ける為に全国各地から訪れる方も多くいます。
また、郡山タウン形成外科クリニックの手術を担当するドクターは、全員が美容外科学会、形成外科学会認定医となっていますので、
最新のレーザー機器を導入しているので、施術時間もレーザー治療や高周波電気分解で1~5分、手術でも5~30分と短い時間で施術が完了します。

郡山タウン形成外科クリニックのほくろ除去施術の詳細

料金レーザー:1㎜5,500円~11,000円(部位により異なる)
高周波電気分解:1㎜5,500円~11,000円(部位により異なる)
手術:33,000円~110,000円(部位により異なる)
割引制度なし
施術方法レーザー・高周波電気分解・手術
施術時間レーザー:1~5分
高周波電気分解:1~5分
手術:5〜30分(場所、個数や大きさによる)
初回カウンセリング無料
麻酔局所麻酔
保証なし
※価格はすべて税込 ※価格は2024年1月現在の情報です。

緊張しながら来院しましたが、受付の方も優しく、職員さんのお話も先生のカウンセリングも分かりやすく丁寧に教えてくれました。まさか当日に除去できるとは思っていなかったので緊張しましたが、手術中も優しく話しかけてくれたので安心してお任せできました。術後も職員さんが優しく丁寧に処置してくれました。来週の抜糸がたのしみです。ありがとうございました。

引用元:hotpeppebeauty

もともとカウンセリング当日の手術を希望していたので、局所麻酔のあと切開になりました。手術を全くしたことなかった私にとっては手が震えるほど緊張してましたが、先生が話にずっと付き合って下さったので気が紛れました。
術後、約1か月経ちましたが最初の説明通りまだ赤みはあるもののだんだん傷跡も薄くなってきました。
日々の保湿と日焼けに気をつけて、傷口にテープを貼っているのが面倒と思うこともありますが、今ではテープを貼るのも慣れました。

引用元:hotpeppebeauty
クリニック名郡山タウン形成外科クリニック
最寄り駅JR東北新幹線・山形新幹線・磐越西線・磐越東線・東北本線 郡山駅
所在地福島県郡山市駅前2-3-10 セントラルビル6F
アクセスJR東北新幹線・山形新幹線・磐越西線・磐越東線・東北本線 郡山駅より徒歩1分
駐車場提携駐車場あり
診察時間10時00分~19時00分
休診日
電話番号0120-107-286

よつば皮フ科クリニック

よつば皮フ科クリニックでは、一人一人に合った治療プランをたて、カウンセリングからほくろ除去の治療まで親切で丁寧な治療を受けられます。


ドクターや看護師さんの対応や、クリニック内の雰囲気も良いという口コミも多くありますので、雰囲気を重視したい方にもおすすめです。
中心街から離れた場所にありますので、落ち着いてリラックスしながら、ほくろ治療を受けたい方にとてもおすすめなクリニックとなっています。

皮膚科には今まで何度か通いましたが
かかりつけの病院にしようって
思えなかったのが正直なところ。。
でも、よつばの先生、看護師さんの対応
医院の雰囲気清潔さ全然違いました!

なにより丁寧でした。
診察していただいた箇所以外にも
気配りいただきすぐに症状も軽くなりました。
感謝しかありません。
皮膚科って結局薬だし良いも悪いも
って思ってたけど
この病院は全然違う!!
皮膚科で悩んでる人は一度行ってみる価値のある病院だと思います。

引用元:caloo

 10数年前頃から足の腿の後ろにしこりができていました。痛みもなく日常生活の上で特に支障もないため、不安の内にも放置したまま過ごしてきました。しかし、最近4cm位に大きくなってきたため診てもらったところ、早めに切除したほうが良いとの診断でした。長年の気がかりだったためさっそく切除をお願いしました。丁寧な説明とわかりやすい図解で安心してお任せしました。
 手術も局部麻酔を慎重に小刻みにしてくれたため、全く痛みもなく事前の緊張が嘘のように、くつろぎの内に約一時間で9針の縫合で無事成功の裡に終了しました。術中は医療スタッフを含めて絶えず声掛けをして、励まして頂きました。
お陰様で病理検査の結果も良性とのことで、現在は長年の不安から解放されて、快適に過ごしています。

引用元:caloo
クリニック名よつば皮フ科クリニック
最寄り駅
所在地〒963-8041 福島県郡山市富田町鍛冶田10-1
アクセス
駐車場あり
診察時間月~金/9:00~12:30、14:00~18:30
水曜午前、土曜午前
休診日水曜午後、土曜午後、日曜日、祝日
年末年始、お盆
電話番号024-973-8601

※公式HPが無い為、詳しくはクリニックへお問い合わせください

長谷川皮膚科医院

長谷川皮膚科医院は福島県郡山市栄町にある皮膚科です。

病院の建築にあたっては、低ホルムアルデヒドの床材を使用するど皮膚科ならではの観点で医院も再癖されています。

経験豊富な2人のベテランドクターによる、治療を受けられます。

皮膚の話というコラムもHPにありますので、気になる方はチェックしてみてください。

土曜日は受診者がとても多いので、平日に受診したほうが良い。顔のできもので受診したことがある。診察したのは、院長のお父さんでした。2週間後に再受診するように言われた。処方された塗り薬を塗布したが、回復しなかったので、総合病院の皮膚科で受診を勧められ紹介状を書いてもらった。応対は良かった。

引用元:Google

院内でのお薬処方になります。
室内清潔です。
当日予約について問い合わせたところ予約用の別の電話番号でお願いします。と伝えられました。
先生や看護師さんも丁寧で普通な対応かと思います。ただ、たまに説明不足の方が居ますが、
想定内と思って行きましょう!
駐車場は病院前8台ほど、病院隣?にも何台か停められます。
朝8時15分から玄関入り口にある用紙に診察券番号記入し待つことも可能。
予約した場合その時間から遅れても17時までに行けば見てもらえると看護師さんから聞きました!
最近は混んでいないので30分〜1時間以内には帰れました。

引用元:Google
クリニック名長谷川皮膚科医院
最寄り駅
所在地963-8872 福島県郡山市栄町8-17
アクセス
駐車場あり
診察時間午前9:00-11:30:午後2:00-5:30
休診日木曜、土曜【午後】、日曜日と祝日は休診
第2、第5土曜日も休診
電話番号024-923-0821

ほくろ除去のリスクとは?デメリットも把握しよう!

デメリット

ほくろ除去には少なからずリスクがあります。
しかし、起こりうるリスクと対策を知っておくことで、リスクを最小限にすることが可能です。

美容医療の中でもリスクが少ないほくろ除去ですが、デメリットもしっかり把握することも大切です。

ほくろ除去をすることで多少の傷跡は残りますが、そのほとんどは時間が経つにつれて傷跡は目立たなくなります

しかしまれに

  • 除去した部分が陥没する
  • 赤みが残る
  • ほくろが復活してしまう

こういったことが起こります。

ほくろ除去のリスク|1.除去した部分が陥没する

ほくろ除去後の代表的な失敗例が、除去した部分の陥没です。

陥没は、ほくろを一気にいくつも除去しようとした時と2回レーザーを当てた方に起こりやすい症状です。

失敗しないための対策
  • 高い技術を持つ医師を選ぶ
  • カウンセリングで施術方法をしっかり確認する

特に切開の縫合によって陥没する可能性があるので、丁寧な手術が必要です。

医師を選ぶ際は、カウンセリングする前に経歴や得意分野などをチェックしましょう。

陥没を防ぐためには、ほくろ以外へのダメージを与えない医師の技術が重要なポイントです。

その上で、施術前のカウンセリングで自分に合ったほくろ除去の方法や、その場合の陥没のリスクについてしっかり確認しましょう。

ほくろ除去のリスク|2.赤みが残る

ホクロ除去後、皮膚に赤みが残ってしまうことがあります。

術後は酸素や栄養を運ぶために新しい血管を作っていくため、皮膚に赤みが出るのは自然なことで必ずしも失敗とは限りません。

通常は1~3ケ月経てば、治癒力で徐々に周囲の肌色と同じように変化していきます。

しかし、ずっと赤みが残る場合は色素沈着を起こしている可能性があります。

失敗しないための対策
  • アフターケアをしっかりする
  • 施術後の紫外線対策を怠らない

ほくろ除去後は、クリニックから指示される軟膏の塗布などのアフターケアをしっかり行いましょう

また、ほくろ除去した部分は皮膚が削られているためかなりデリケート。

そこに紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトへ指令がいきメラニン色素が生成されてしまい、赤みだけでなく黒ずみができてしまうこともあります。

紫外線対策は必ず行いましょう!

心配な方は、術後も定期的にクリニックで経過を診てもらうと安心です。

ほくろ除去のリスク|3.ほくろが復活してしまう

ほくろの除去でほくろが復活してしまう原因は、ほくろの細胞を完全に除去できていない可能性があるからです。

ほくろよりも大きい範囲の細胞とメラニンを取り除けば再発するリスクはほとんどありません。

しかし、その方法では皮膚が陥没してしまうのため、医師は皮膚を陥没させないようにできる限りギリギリのところでほくろの除去を行います

ギリギリで除去するため、時にメラニンの一部が残ってしまうことがあり、そうするとほくろが復活していまうのです。

失敗しないための対策
  • 自分のほくろに合った施術方法を選ぶ
  • 大きなほくろは数回に分けて施術する

自分のほくろ除去に合わない方法で施術しても、結局ほくろが復活して再施術…となりかねません。

医師とのカウンセリングでしっかり相談し、適切な方法を見極めましょう

また、大きなほくろやいくつものほくろを除去する場合は、組織回復の間隔をしっかりと取りながら何度か施術する必要がありますので、その点も医師にしっかり確認しましょうね。

1回の施術で除去することにこだわらず、確実に除去する方法を医師と相談することが大切です。

ほくろ除去に関するよくある質問

Q&A

ほくろ除去に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

ほくろ除去は保険適用になる?

A.ほくろ除去は美容目的のみでなければ、保険適用になる場合があります。

保険適用になる代表的なケースをご紹介します。

ほくろ除去が保険適用になるケース
  • 皮膚がんの可能性がある
  • まぶたにあたることで視界を遮る
  • 髭剃りや着替え時に引っかかって出血する
  • 痛みがある
  • 生活を送る上で不便

ただし、クリニックによっては保険適用はなく全ての治療が自費診療のところもあるので、電話やカウンセリングの際に確認してください。

ほくろは1回の施術で取れる?

A.ほとんどの場合1回の施術で完了します。

しかし患者の体質やほくろの状態、大きさによっては、何度かに分けて施術を行う場合もあります。

小さなほくろや平らなほくろの場合は1回の施術で終わりますが、方法によっては抜糸や経過観察の通院が必要です。

何回施術する必要があるのか、通院は必要かどうかなど、カウンセリング時に担当の医師に確認しましょう。

ほくろ除去の施術は痛いの?

A.麻酔をする場合はほとんど痛みは感じません。

ほくろ除去の施術はほとんど局所麻酔をして行われるので、痛みはほとんど感じないといっていいでしょう。

痛みが心配な方は、クリニックによっては局所麻酔前に表面麻酔を使用するなど、極力痛みのないように配慮しているところもあるので、クリニック選びの際に確認するといいでしょう。

ほくろ除去後のダウンタイムはどれくらい?

A.ダウンタイムはほくろ除去の施術方法によって異なりますが、一番短いレーザーであれば数日です。

レーザー治療法電気メス法切開法くり抜き法
ダウンタイム数日1週間1~2週間6カ月

施術直後は傷跡になっていますが、時間の経過とともに少しずつキレイになっていきます

ほくろ除去クリームを使って自分で除去してもいい?

A.リスクが大きいため、クリニックでの除去をオススメします。

ほくろ除去クリームとは、主に海外で販売されているほくろ除去用のクリームで、塗布後にほくろがかさぶたとなり剥がれ落ちるとされている。

ほくろ除去クリームは皮膚を溶かすため火傷のような状態になりやすく、失敗した時のリスクが大きくて傷跡が残りやすいです。

ほくろ除去は医療行為であって、正しい知識と技術をもって施術をする必要があります。きれいに・確実にほくろ除去をしたい人は、クリニックでの除去を検討しましょう。

郡山のほくろ除去についてのまとめ

ほくろ除去の基礎知識からオススメクリニックまでまとめて紹介しました。

それぞれのクリニックにより、ほくろ除去の方法や料金は異なります。

今回紹介したほくろ除去の基礎知識は以下になります。

  • ほくろ除去の方法はレーザー・電気メス・切開法・くり抜き法の4種類
  • クリニック選びは予算や立地、カウンセリング、自分に合った施術方法があるかが重要なポイント
  • ほくろ除去にはリスクはあるが、対応策を知っておくことで失敗を防げる

一口にほくろと言っても大きさや根元の深さは様々ですので、あなたに合ったクリニックを選ぶことが大切です。

初回カウンセリングが無料のクリニックも多いので、気になる方はまずカウンセリングで相談してみましょう!

美容医療については以下を確認しましょう
美容医療を受けようと考えている方は、施術前にチェックを!

  1. 1.使用する薬などがどのようなものか、自分でも説明できますか?
  2. 2.効果だけでなく、リスクや副作用などについても知り、納得しましたか?
  3. 3.ほかの方法や選択肢の説明も受け、自分で選択しましたか?
  4. 4.その美容医療は「今すぐ」必要ですか?最後にもう一度、確認しましょう。

もし、説明を受けていなければ医師に聞いてみましょう。

引用:厚生労働省

またトラブルなどにあった場合には、国民生活センターや消費者庁の相談窓口などに問い合わせましょう

国民生活センター
消費者庁 美容医療を受ける前に確認したい事項と相談窓口について

参考文献等
一般社団法人日本美容外科学会(JSAPS)
一般社団法人日本形成外科学会
公益社団法人日本美容医療協会(JAAM)

関連記事
目次