二重まぶたが「三重まぶた」になってしまうのはなぜ?すぐできる対処法&元に戻す方法を調査

9 min

普段は二重なのに、ときどき三重のまぶたになってしまう。

三重まぶただとアイメイクをしてもイマイチ印象がパッとせず、ぼんやりとした雰囲気になるのが気になりますよね。

じつは、二重から三重まぶたになるのには、いくつかの原因が存在します。

自分の三重まぶたは何によって引き起こされているのか、原因を詳しく理解し正しい改善方法を実践することで、三重まぶたのお悩みを解決へと導けるのです。

編集部

編集部

今回は、三重まぶたが起こる原因と改善方法についてご紹介します。

キャンペーンや割引も豊富に用意!この夏に二重にするなら

「切らずに、いつでも戻せて、保証がある」のはTCB(東京中央美容外科)だけ!

三重まぶたってどんな状態のこと?

三重まぶたってどんな状態のこと?

一重や二重はよく耳にするけれど、「三重まぶた」という言葉は聞きなれない方も多いはず。

この章では、三重まぶたがどのような状態をさすのか、その特徴と見た目の印象について詳しく解説していきます。

「三重まぶた」は、文字通り上まぶたの皮膚が折り重なって3層に分かれてしまう状態です。

二重のようなくっきりとした濃いラインとは異なり、細くて薄い線が重なって入るケースが多く見られます。

三重まぶたの状態になった目元が周囲に与えるイメージは、おもに以下のようなものです。

  • 目元がぼんやりして眠そう
  • シワが入ったように老けて見える
  • 肌にハリが感じられずヨボヨボ
  • まぶたが垂れ下がって元気がなさそう
  • アイメイクがうまくのらず魅力が半減

三重まぶたは上まぶたの皮膚にいくつもの線が見えてしまうため、「眠そう」「老け顔」といったマイナスな印象に見えがちです。

また、三重に折り曲がったまぶたには、アイシャドウやアイラインなどのコスメがきれいに密着しにくいという特徴も。

せっかく素敵なアイメイクでバッチリと決めても、本来の美しさや魅力は半減してしまいます。

まさに、1本のラインがスッと入ったぱっちり二重が与えるイメージとは正反対といえるでしょう。

二重から三重まぶたになってしまう…その原因は?

二重から三重まぶたになってしまう…その原因は?

普段はくっきりとした線が入る二重なのに、なぜ三重まぶたになってしまうのか?

ここでは、二重から三重まぶたへ変化してしまうおもな原因について、解説していきます。

①まぶたに刺激を与えている

二重の方が三重まぶたになってしまう原因のひとつは、まぶたに与える刺激によって目が腫れてしまうことです。

どのような刺激によって三重まぶたが現れるのか、きっかけを詳しくご紹介します。

メイクや洗顔をはじめとする、私たちが日常生活で行っている何気ない行動は、知らず知らずのうちにまぶたへの刺激につながっている可能性が…

その行動とは、おもに以下のようなものです。

  • まぶたをこする
  • 力を入れすぎるクレンジング
  • アイプチやアイテープを剝がす際の皮膚の引っ張り
  • 過度なスキンケア

まぶたをこすることや、アイメイクのクレンジング、アイプチをまぶたから剥がすといった行為は、まぶたに大きな刺激を与えてしまいます。

とくに、キープ力にすぐれるマスカラやアイラインを使ったメイクや、アイプチを重ねづけした場合などは気をつけましょう。

ガッツリめのアイメイクは、「念入りにオフしなければ」と考えてしまい、いつも以上にクレンジングに力を入れたり強くこすったりしてしまいます。

また、過度なスキンケアにも注意が必要です。

スキンケアは肌に潤いを補うために大切ですが、あまりにも丁寧にやりすぎると、無意識のうちにまぶたや目の周りを強くこすったり、パッティングしたりして刺激となってしまう場合があります。

まぶたの皮膚は体のなかでもとくに薄く、私たちが想像している以上に繊細です。

メイクのオフやスキンケアをする際は、豆腐に触れるくらいのソフトな力で行うことを意識してみてください。

②目の周りの血行が悪い

二重が三重まぶたになる原因は、「目の周りの血行の悪さ」も深く関係しています。

まぶたや目の周りの皮膚は、非常に薄く繊細です。

デリケートな目元の血行が悪くなると、まぶたはむくみを引き起こして肌本来のハリや弾力感が失われてしまいます。

その結果、いつも通りのくっきりとした二重の線が現れず、細く薄いシワのような三重の線が入ってしまうのです。

血行が悪くなるきっかけは、おもに以下の通り。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 冷え

これらの対策については、この後の“血行促進してむくみを解消する”の項目で詳しく解説してるので、そちらを参照してみてくださいね。

③加齢によるまぶたのたるみ

二重が三重まぶたになる原因には、「加齢によるまぶたの下がりやたるみ」も挙げられます。

三重まぶたと加齢によるたるみの、密接な関係について分析していきます。

人間の肌にはもともと、コラーゲンやヒアルロン酸といった肌の状態を整える成分が備わっています。

まぶたをはじめ人間の肌がハリや弾力を保っていられるのは、肌の内部にコラーゲンやヒアルロン酸といった成分がたっぷりと存在しており、潤いが十分に満たされている状態だからです。

しかし、これらの成分は年齢を重ねるごとに徐々に減少していきます。

コラーゲンやヒアルロン酸などが不足した肌は、本来の潤いやすこやかな状態を保つことができません。

少しずつハリや弾力が失われて皮膚が垂れ下がり、「たるみ」や「シワ」などへとつながってしまいます。

三重まぶたは、このような肌が本来の状態を保てなくなったことによる「たるみ」によって、まぶたや目の周りの皮膚が下がることで引き起こされるのです。

さらに、「たるみ」はまぶただけでなく、頬やフェイスラインなど肌全体へ影響を及ぼすきっかけにもなります。

肌全体がたるんでしまうと、「老け顔」「暗い顔」といったマイナスな印象の見た目に。

年齢とともに失われてしまうものは、「年齢だから」と諦めず、化粧品やスキンケアでしっかりと補給することが大切です。

まずは、自分の年齢や肌の状態に合わせたアイテムをじっくりと見つけましょう。

そして、毎日のスキンケアで潤いを十分に補い、肌本来のハリや弾力を高めてください。

三重を二重に戻す改善方法【応急処置編】

三重を二重に戻す改善方法【応急処置編】

三重まぶたは「刺激」「血行不良」「加齢によるたるみ」といった、さまざまな原因やきっかけによって引き起こされていることが分かりました。

この章では、そんな三重まぶたを改善する方法について詳しく解説していきます。

まずは、「応急処置」として一時的に三重まぶたを解消する方法のご紹介です。

アイプチやアイテープで二重ラインを作る

三重まぶたを解消する手軽なテクニックとして、アイプチやアイテープの活用が挙げられます。

ここでは、アイプチやアイテープを使って、三重まぶたを「くっきり二重」に見せる方法をステップごとに解説。

「今すぐに三重まぶたを改善したい!」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

①もともとある「二重の線」を探す

より自然な「二重」に見せるためには、二重の線を決める工程が非常に重要です。

アイプチやアイテープをつける前に、まずは鏡を見て「もともとある二重の線」を探しましょう。

三重まぶたは、まぶたに線が1本も入っていない一重とは異なり、二重のラインが入り混じっている状態です。

新たに疑似的な二重の線を作り出すよりも、「二重の線」を探して活かす方がよりナチュラルな二重まぶたを演出できます。

なお、線が折り重なっている三重まぶたは、一重や奥二重の場合よりもアイプチを塗るのがやや難しくなります。

目をぱっちり見開いたり軽く閉じたりしながら、本来の二重の線を慎重に見つけてください

②①で決めた二重のラインに沿ってアイプチやアイテープをつけ、クセづけをする

二重の線が決まったら、ラインに合わせてアイプチやアイテープをつけていきます。

鏡でラインの位置を念入りに確認しながら、丁寧につけましょう。

二重の線の端までつけ終わったら、プッシャーでまぶたをゆっくりと差し込んでクセづけをします。

液体タイプのアイプチなら、液が半透明になるまでよく乾かしてからクセづけしてくださいね。

③強力な三重まぶたなら、新たに「二重の線」を見つけて

もともとある二重の線を活かしてアイプチを塗る方法が、より自然な二重に見せるコツですが、なかには「本来の二重の線が見つからない」「念入りにアイプチをつけても三重まぶたに戻ってしまう」という方も多いはず。

このような場合は、一重さんと同じように「新たな二重の線」を作ってみましょう

鏡を見ながら、自分の目の形や好みに合わせた「二重の線」を見つけて、アイプチやアイテープをつけてクセづけをします。

自分の三重まぶたがどの程度のものなのか、よく見極めてから決めてくださいね。

メイクで二重ラインを強調する

いつものメイクアイテムをフル活用して、二重のラインを強調させる方法も、三重まぶたを手早く改善するおすすめの方法です。

くっきり二重に見せるメイクテクニックと、おすすめのアイシャドウ・アイライナーについて解説していきます。

①アイシャドウのベース色をアイホール全体に広げる

まずは、アイシャドウのベース色をアイホール全体にのばしていきます。

線が重なっている三重まぶたは、ぼんやりした印象になってしまうことが特徴。

アイシャドウのベース色をしっかりと広げて、折り重なった線をカモフラージュし、パッと明るい雰囲気を作り出すのがおすすめです。

アイシャドウはベージュやホワイトなど明るいカラーや、パールやラメが入った華やかなものだと、よりくっきりとした目元を演出できます。

②アイシャドウの中間色・締め色を順に重ねる

ベース色が塗り終わったら、中間色と締め色を順番に重ねていきます。

中間色は、三重の線をふんわりとカバーするように、やや広めにのせましょう。

締め色はぱっちりとした目元に見せるために、目の輪郭に沿ってしっかりと入れてください。

どちらのカラーも、三重まぶたをカモフラージュできるダークトーンのレッドやテラコッタ、グレー、ブラウンといった濃い目の色味がおすすめです。

二重ラインを強調するおすすめのアイシャドウ

KOSE|Visse グロッシーリッチ アイズN BR-5

KOSE|Visse グロッシーリッチ アイズN BR-5

しっとりなめらかな質感のベースカラーと、絶妙なニュアンスのカラーがセットになった、4色のパレットアイシャドウです。

美しいつやめきと透明感あふれる発色のよさで、上品なアイメイクを叶えます。

スクワランやヒアルロン酸といった保湿成分も配合されているので、目元に潤いを与えてくれますよ。

項目内容詳細
価格1,320円(税込み)
カラー全8色(ライトベージュ系、ブラウニッシュオレンジ系、バーガンディ系、モーヴピンク系、ココアブラウン系、ブラウニッシュレッド系、ウォームカーキ系、スモーキーネイビー系)
タイプパウダー

③アイラインはまつげのキワにやや太めに入れる

アイシャドウがすべて終わったら、まつげのキワから目尻にかけてアイラインを入れていきます。

三重まぶたのぼんやりとした輪郭をスッと引き締めるイメージで、やや太めにラインを引いてみましょう。

ぱっちり大きな目元に見せたい方は、目尻から少しはみ出すように長めのアイラインを引くのがおすすめです。

④上まぶたの二重の線に薄くアイラインを引く

「もっと二重の線を強調させたい!」という方は、二重の線に沿ってアイラインを引くのもおすすめです。

アイライナーでもともとある二重の線をなぞり、指や綿棒でやさしくぼかしてふんわりとした二重のラインを演出します。

アイライナーは、肌なじみのよいベージュやブラウンカラーのものがおすすめ。

また、引いた線をぼかしやすいペンシルタイプが使いやすいですよ。

二重ラインを強調するおすすめのアイライナー

イミュ|dejavu ラスティンファインE クリームペンシル

イミュ|dejavu ラスティンファインE クリームペンシル

0.65mmの極細芯を採用した、ペンシルタイプのクリームアイライナーです。

肌触りがやさしくなめらかな描き心地で、目頭や目尻など細かな部分もスルスル快適にラインを引けます。

カラーは、定番のブラックから上品なモーヴブラウンやカーキブラックなど、全6色から選べますよ。

項目内容詳細
価格1,320円(税込み)
カラー全6色(リアルブラック、ダークブラウン、モーヴブラウン、ピュアブラウン、カーキブラック、カシスブラウン)
タイプペンシル

三重を二重に戻す改善方法【根本的改善編】

三重を二重に戻す改善方法【根本的改善編】

「一時的な対処法ではなく、より本格的に三重まぶたを解消したい」という方には、根本的な改善方法を実践するのがおすすめです。

ここでは継続して行うことで三重まぶたを二重に戻すことが期待できる、とっておきのテクニックをご紹介します。

編集部

編集部

二重のプチ整形も気になっている方は「二重整形がおすすめの人気クリニック15選」も合わせてチェックしてみてください。

刺激物は控える、アイクリームでしっかり保湿を

三重まぶたを根本的に改善するためには、まぶたに刺激を与えるアイテムの使用を控え、日々のスキンケアのやり方を見直すことが重要です。

肌に合わないコスメやスキンケアアイテムを使い続けることは、まぶたや目の周りに刺激を与え、三重まぶたを悪化させる原因となります。

「強くこすらないと落ちないメイク」、「使うとヒリつく化粧品」などは肌に負担がかかっている場合が多いので、自分に合ったアイテムを探してみましょう。

また、まぶたを集中的にケアするためには、いつものスキンケアにアイクリームをプラスするのがおすすめです。

ソフトな力でまぶたをこすらないようにやさしくアイクリームを塗ることで、目元をより念入りに保湿できます。

商品によっては、保湿成分がたっぷりと配合されたものや、肌にハリや弾力を与える成分を採用しているものも。

成分効果
コラーゲン水分不足の肌を潤し、ふっくらハリ感を与える
ヒアルロン酸水分を抱え込んで肌の潤いをキープし、ハリや弾力を与える
セラミド肌の角質層に浸透して、みずみずしく潤った状態をキープする
植物性オイル肌を保湿し、なめらかな感触に整える

まぶたのたるみが気になる方は、これらの成分に注目してアイクリームを選んでみてくださいね。

血行促進してむくみを解消する

目の周りの血行を促進させることは、三重まぶたの原因のひとつである「むくみ」の改善に効果が期待できます。

ここでは、血行を促すおすすめの方法についてご紹介します。

目元の血行を促してむくみを軽減するには、が滞る原因を取り除くことが大切です。

先ほどお伝えしたように、血行不良のおもな原因は以下の通りです。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 冷え

忙しい現代社会では、知らず知らずのうちに体にストレスがかかってしまいがちです。

ストレスは血行不良やむくみだけでなく、イライラや睡眠不足などさまざまな不調を引き起こす原因にもなってしまいます。

また、体の冷えも血液の流れを悪化させて、むくみや体調不良など健康面にマイナスな影響を与えるきっかけに。

適度な休息や気分転換の時間を設けてストレスを軽減する、生活スタイルを見直して質の高い睡眠をとる、といった血行不良の根本的な原因を減らす行動を意識してみましょう。

このような行動とあわせて取り入れたい、血行を促す方法は以下の通りです。

  • ホットタオルで目元を温める
  • 湯船にじっくり浸かる
  • アイマスクで睡眠時の目元を保護する
  • 二重マッサージで目の周りを動かす

ホットタオルで目元を温める

ホットタオルは、まぶたや目の周りを温めて血行を促し、むくみを解消する手軽な方法です。

洗顔後、スキンケアをする前のタイミングで取り入れると、化粧水や乳液のなじみもよりよくなりますよ。

湯船にじっくり浸かる

目元の血行を促進させてむくみを改善するために、全身の巡りを促して血行不良の根本原因である「冷え」にアプローチするのもおすすめです。

湯舟にじっくり浸かることは冷えだけでなく、ストレスや睡眠不足などほかの血行不良の要因を改善へと導く効果も期待できます。

暑い夏の時期もシャワーのみで済まさず、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって血行を促しましょう。

アイマスクで睡眠時の目元を保護する

睡眠中、無意識のうちにまぶたや目の周りに触れて、摩擦などの負担をかけてしまう場合も。

アイマスクをつけて眠れば、寝ている間の刺激や冷えからデリケートな目元をしっかり保護できますよ。

二重マッサージで目の周りを動かす

血行不良によるむくみの解消には、目の周りを動かす「二重マッサージ」をするのも効果的です。

まぶたをやさしくつまんで揉みほぐしたり、二重の線に沿って指の腹でさすったりすることで、むくみを軽減しながらくっきりとした二重にクセづけする効果が期待できます。

ただし、目の周りの皮膚は非常に薄くデリケートなので、力の入れすぎには十分注意してくださいね。

目の周りの筋肉トレーニング

三重まぶたを改善してくっきり二重を取り戻すには、目の周りの筋肉を鍛えることも非常に大切

ここでは、目の周りの筋肉の特徴とトレーニング方法を解説します。

目元には、「眼輪筋(がんりんきん)」と「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」という2つの大きな筋肉があります。

眼輪筋

眼輪筋は目の周りをぐるっと囲むようなドーナツ型をしており、まぶたの形や状態を支える土台となる筋肉です。

目の周りを広く覆っている筋肉なので、衰えるとまぶた全体が垂れ下がってしまいます。

この「たるみ」が二重を三重まぶたへと変化させ、目を小さくぼんやりとした印象に見せてしまうのです。

眼瞼挙筋

眼瞼挙筋はまぶたを開くときに使われる、上まぶたに位置する筋肉です。

この筋肉の先端が枝分かれしている場合、目を開けた際に上まぶたの一部が折りたたまれて「二重の線」が現れるので、二重とは密接な関係があります。

この眼瞼挙筋が衰えるとまぶたを十分に持ち上げられず、くっきりとした二重のラインを作り出せなくなってしまいます。

二重の線が濃く現れないため、細く薄い「三重の線」が目立ちやすくなるのです。

「眼輪筋」「眼瞼挙筋」ともに、年齢を重ねるにつれ衰えていきます。

目の周りの筋肉のトレーニング方法

筋力の低下を防いで三重まぶたを解消するために、これらの筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れてみましょう。

  1. 上まぶたを指でやさしく引き上げた状態をキープしながら、目の開閉を10回繰り返す。
  2. 目頭と目尻に指を置き、目の周りの筋肉をほぐすように左右に小刻みに揺らす。
  3. ①・②ステップを1日1~2回ほど、無理のない範囲で続けてみてください。

トレーニングは長く継続して行うことが、三重まぶたを改善する近道です。

まとめ

まとめ

今回は、二重が三重まぶたになってしまうおもな原因と、その改善方法について解説しました。

三重まぶたを解消するために大切なポイントは、以下の3つです。

  1. 三重まぶたになる原因を理解する
  2. 原因に合わせた改善方法を知り実践する
  3. 三重まぶたの原因を根本から改善して、二重になりやすい状態を整える

第一印象を左右する目元は、誰しもが魅力的でありたいと望むもの。

二重だった目が三重まぶたになり、見た目の印象が大きく変化してしまうと、何とか改善しようとやみくもに頑張ってしまいがちです。

しかし、間違った対策を続けていても、三重まぶたのお悩みは一向に解決できません。

まずは、「自分の三重まぶたは何が原因なのか?」をよく理解し、その原因に合わせた改善方法を取り入れていくことが大切です。

また、三重まぶたを「一時的に目立たなくしたいのか」「根本から徹底的に解消したいのか」といった自分がなりたいイメージも、改善方法を選ぶ上での重要なポイント。

今回ご紹介した三重まぶたになる原因や改善方法を参考にして、自信の持てる目元へ整える第一歩を踏み出してくださいね。

編集部

編集部

「でも…やっぱり、”常に”理想の二重を安定させたい!!」

そんなあなたは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

関連記事