セルライト潰し・除去エステは意味ない?効果は?セルライト潰す方法はマッサージ?

7 min
セルライトエステ

セルライトエステ・痩身エステって意味ない?効果ないの?デメリットってあるの?
セルライト潰しの効果って?潰すと痩せる?潰した後はどうすればいいの?

足のむくみ はエステで治せる?リンパマッサージでセルライトに効果は?
セルライト揉む増えるの脂肪燃焼にならない?

「脚やせのセルライト潰すのって痛い?脂肪つぶしの効果を知りたい。」
「二の腕・太股をセルライト自分でつぶすのNG?」

とセルライトに悩んでる方も多いと思います。

セルライトはエステでは意味がないと言われることもありますが、このように言われる理由を知っていますか?

この記事では

について解説していきます。

結論、セルライトエステは効果があります。しかし。自分で努力をすることも重要です。

セルライトエステを検討する際、わかりづらい「セルライトエステの効果」を調査した結果をまとめたので、ぜひ見ていただければと思います。

その他にも「セルライト」の説明や、「セルライトのなくし方」について説明していきたいと思いますので、ぜひこの記事を読んでセルライトエステの効果を知っていただければ幸いです。

また「ダイエット」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

セルライトができる原因とは?

セルライトができる原因とは?

セルライトとは、太ももの裏やお尻、お腹などにぼこぼこと塊のようになって見えるもののことです。

皮膚や真皮の下にある皮下組織に、老廃物や水分が溜まることにより、脂肪が溜め込まれ巨大化します。

セルライトエステが効果があるかどうかに触れる前に、そもそもどうしてセルライトができてしまうのかを解説。

セルライトができる理由には、主に次の4つが挙げられます。

  • 血行不良
  • 運動不足
  • ストレス
  • 加齢

1つずつ細かい理由を見ていきましょう。

血行不良

セルライトの原因の多くが血行不良によるものです。

血液の巡りが悪くなると、脂肪細胞がコラーゲン繊維の間で硬くなり、皮膚表面にボコボコと突出して現れます。

セルライト

脂肪細胞は元々、マイクロメートル単位のとても小さいものですが、血行不良により互いに絡み合うと肥大化するのが特徴です。

肥大化したものは5mm程度まで大きくなり、皮膚表面からも見えるものになります。

セルライトは顔にできることは少なく、ほとんどが下半身に現れるのも、下半身は体の中で最も血流が悪くなりやすい部位であることがその理由です。

運動不足

運動不足もセルライトができる原因の1つです。

運動不足になると、体全体の筋肉量が低下し、血管が血液を心臓に送り返す力が弱まります。

その結果、血行不良になり老廃物が排出できないため、セルライトができやすくなるのです。

また運動不足はリンパ節のむくみや脂肪を蓄積させる原因にもなります。

体の新陳代謝が悪くなるとセルライトができやすくなるため、運動とセルライトには大きな関係があると言えます。

ストレス

ストレス

ストレスを受ける状態が長引くと、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経は体の機能の調整をする役割を持っているため、乱れると血行不良を招きやすいです。

また、ストレスに対する反応として暴飲暴食をしてしまう人もいます。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、体は脂肪を蓄え込んでしまうでしょう。

また、ストレスホルモンであるコルチゾールは、血管とリンパ間の水分の出し入れをする働きを鈍化させます。

その結果、むくみが生じやすくなり、排出できない水分はセルライトの原因にもなります。

加齢

若い時は代謝が良いため、セルライトがあまりできません。

しかし、加齢により血管やリンパ節の老化が進み、老廃物を排出する機能が衰えることによりセルライトができやすくなります。

また、加齢により筋肉量が落ちると、皮膚がたるみ、血管やリンパを圧迫することでセルライトを作りやすくなるという理由です。

体内の加齢の進み具合は運動不足の度合いや、食習慣によっても異なるでしょう。

実際年齢は高くても、体の代謝機能が若い人はセルライトができにくいはずです。

セルライトエステが効果ないと言われる理由

セルライトエステが効果ないと言われる理由

一度できてしまったセルライトを無くすのは簡単ではありません。

多くのエステでもセルライトのコースが提供されていますが、「セルライトエステは効果がない」という声を聞くこともあります。

結論から言うと、セルライトエステに効果がない、と言うのは間違い。

エステを正しく利用すれば、確実な効果を体感することができるはずです。

しかし、エステの効果は個人差や利用状況などによって差が生まれます。

ここでは、セルライトエステが、効果がないと言われる次の3つの理由を見ていきましょう。

  • 数回しか利用していない
  • 改善のための努力をしていない
  • 効果を実感するまでに時間がかかる

1つずつ詳しく解説します。

数回しか利用していない

費用の理由などから数回だけ利用した人の場合、「効果がなかった」と感じてしまうかもしれません。

しかし、一度の施術で全てのセルライトをほぐして排出することは不可能です

つまり、セルライトエステはある程度の回数を通わなければ効果が得られないということ。

セルライトエステの効果を実感するためには、継続が必要であると言うことは覚えておきたい点です。

通う時間と曜日を固定するなら、継続しやすくなるでしょう。

忙しくても通うのを忘れたり、面倒になったりしないように自分なりのペースを作るのがおすすめです。

セルライトエステは2週間までなら期間を空けても大丈夫だと言われています。

なるべくこれ以上の期間を空けずに集中して通うことを目指しましょう。

改善のための努力をしていない

改善のための努力をしていない

エステはセルライトを減らすためのサポート的な役割です。

もちろん効果はありますが、もっと大切なのは生活習慣を改善すること。

エステに通っていても、その効果を超えるほどの暴飲暴食などがあった場合、結果的に見て「エステの効果がなかった」と言う実感になってしまいます

反対に、エステの開始と同時に生活習慣も改善すれば相乗効果が得ることが可能です。

エステに通っている期間は脂肪を燃焼させることを目指しているため、それを妨げないようバランスの良い食事を心がけましょう。

また、エステ施術後は代謝が上がっている状態で、普段よりも運動の効果が上がりやすくなっています。

このタイミングを生かして運動をすれば、より効果を得られるはずです。

セルライトを減らしたいなら、エステだけに頼らず、生活習慣も変えていきましょう。

効果を実感するまでに時間がかかる

セルライトエステの効果が体に定着するまでには、最低3ヶ月ほどの期間が必要と言われています。

セルライトを減らすには、凝り固まったセルライトの塊を温めほぐして、脂肪へと分解し、分解した脂肪をさらに燃焼して排出するというプロセスが必要です。

セルライトエステは受けてすぐに効果が出るものではなく、施術後も数日かけて血液に溶け出した脂肪が排出されることで効果が出てきます。

数日間はその効果が持続するため、連日でエステに行くことはあまり意味がありません。

そのため、ある程度の期間をかけて持続して初めて効果を実感することができるのです。

初めのうちは効果が実感できなくても、すぐにやめてしまわないことは大切です。

セルライトをなくす方法

セルライトをなくす方法

エステに行く他にも、自分で行えるセルライトをなくす方法があります。

エステの施術を受けた後は代謝が良くなっているので、家でもケアを続けるならより高い効果を得ることができます。

自分で行えるセルライトをなくす方法は次の3つです。

  • 定期的に運動する
  • マッサージをする
  • 脂肪を減らす

具体的な方法を1つずつ見ていきましょう。

定期的に運動をする

セルライトの原因には、血行不良と新陳代謝の悪さです。

そして、定期的に運動するならこれらの体質を改善し、セルライトを減らすことが期待できます。

特に効果的なのは、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動です。

有酸素運動には脂肪を燃焼させて脂肪細胞を小さくする効果があるため、セルライトに効くと言われています。

また、同時に筋トレをして筋肉量を増やすことによっても代謝を上げ、脂肪燃焼効果を高めることが可能です。

セルライトがつきやすい体の部位は、お尻や太もも、腰回りなど。

これらの部位に効く、スクワットやヒップリフトなどを毎日行うことがおすすめです。

マッサージをする

マッサージ

マッサージは、凝り固まった老廃物を揉みほぐし流れやすくできるため、セルライトに効果があるとされています。

マッサージは、有酸素運動後や入浴後など、体が温まっているタイミングで行うと代謝が上がりさらに効果的です。

セルライトを減らすためのマッサージでおすすめなのが、太もも、ふくらはぎ、足首のマッサージ。

太ももは面積が広いので、表側、内側、外側、と言うように分けて行いましょう。

指と手のひら全体で片方の太ももを掴んだら、付け根に向かって揉み上げます。

ふくらはぎの場合はアキレス腱を上に押し上げるように圧迫。

足首は親指と人差し指でくるぶしを掴んで揉みます。

このように、血流を促すマッサージを日頃から行うと、老廃物が流れやすい体になるのでぜひ取り入れて見てください。

脂肪を減らす

脂肪を減らす

セルライトとは凝り固まった脂肪細胞のこと。

そのためセルライト対策をするには、新たに脂肪を蓄えないことも重要です。

脂肪分が多い肉や甘いものなどは、カロリーが高いため、体に脂肪を蓄えやすくなる食品

脂肪の元を多く摂取してしまうなら、それだけ脂肪燃焼が難しくなるので気をつけましょう。

おすすめの食品は、食物繊維やカリウムなどミネラルを豊富に含む食べ物です。

これらの栄養素は、老廃物の排出を促す作用があるため、積極的に摂取するようにしましょう。

また水分をこまめに飲むことも、代謝を良くし、毒素を効果的に排出する助けになります。

1日1.2リットルの量を目安に、意識的に水分補給をしましょう。

セルライトをなくすにはエステがおすすめな理由

セルライトをなくすにはエステがおすすめな理由

セルライトをセルフケアすることも大切ですが、エステを利用するならさらに近道な方法となります。

費用が気になる、と言う人もいると思いますが、費用を払ってでもエステに行くことがおすすめなのには理由があるのです。

ここでは、セルライトをなくすためにエステに行くことがおすすめな理由4つをご紹介します。

  • プロの施術を受けれる
  • 価格が安い
  • 自分ではできない部分のセルライトをなくせる
  • 脂肪が燃焼しやすい体になる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

プロの施術を受けれる

プロの施術を受けれる

エステではプロの施術を受けられるため、セルフマッサージよりも高い効果を得られます。

専門機器を使った施術も効果の高さの理由の1つです

エステで一般的にセルライトケアに使われる方法がキャビテーション。

専用マシーンから出る超音波で体内の脂肪細胞に直接アプローチし、中性脂肪やセルライトを細胞から破壊するというものです。

超音波は体の深部まで届くため、通常ダイエットでは減らせない脂肪細胞を破壊し、数を減らすことができます。

また、マシーンを使用したケアの後は溶けた脂肪や老廃物を押し流すためのハンドマッサージを行うのが一般的。

ハンド

ハンドマッサージはプロの技術によって一人ひとりの体に合わせて施術されるため、セルフマッサージよりも効果が高いです。

自分で力任せに行うマッサージは、血管が切れて内出血を起こすなどのリスクもあります。

美容効果も期待できる正しい方法でマッサージをするなら、プロの技を受けるのが一番の近道です。

自宅では簡単に使用できない機器やプロのハンドマッサージの施術を受けられるのが、エステを利用することのメリットと言えるでしょう。

価格が安い

エステというと高いイメージがあるかと思いますが、セルライトケアのメニューはエステの料金の中では安めの方です。

セルライトメニューの相場は、安いところで1回あたり1万円、高いところでは3万円程度。

全身をケアする他のメニューと比較して、セルライトケアを行う部位は限られているため価格が安めなのです。

料金体系はエステサロンによって様々で、1回の施術毎に支払うところもあれば、定額の通い放題プランを提供しているところもあります。

料金面でも、自分のライフスタイルに合わせて継続しやすいサロンを選ぶと良いでしょう。

自分ではできない部分のセルライトをなくせる

自分ではできない部分のセルライトをなくせる

運動やマッサージもセルライトを減らすのに効果はありますが、体の部位によってはケアが難しい場所もあります。

例えば太ももの裏側や、お尻などはセルフマッサージが中々難しい場所でしょう。

エステのセルライトメニューでは部位ごとの集中的なケアを行うこともできるので、自分ではできない部分に効果的です。

また専用マシーンを使った施術では、手技では届きにくい深部の脂肪細胞までアプローチすることができます。

体の部位によっては、どうしてもセルフケアでは限界がある場所が存在します。

より効果的にセルライトを減らしたければ、プロの手による施術がおすすめです。

脂肪が燃焼しやすい体になる

脂肪が燃焼しやすい体になる

エステでの施術は、リンパの流れや血流を改善する効果があります。

そのため、施術後は脂肪が燃焼しやすい体になり、同じ内容の運動をする時よりも、ダイエットの効果が上がりやすくなるのです。

代謝が上がると、冷え性やむくみの改善にもつながり、新しくセルライトができるのを予防することもできます。

今あるセルライトのケアだけでなく、脂肪が燃焼しやすい体になるのは嬉しいポイントです。

セルライトはエステでなくそう

セルライトはエステでなくそう

この記事のポイントは次の通りです。

  • セルライトの主な原因は血行不良
  • エステと生活習慣の改善で相乗効果が得られる
  • 運動やマッサージ、食事習慣のセルフケアは重要
  • エステで自分ではケアできない範囲まで届く

セルライトエステを受けることは、専用マシーンにより深部の脂肪細胞に届くアプローチができることや、プロの施術が受けられるというメリットがあります。

より高い効果を得たいなら、エステに頼り切るのではなく、生活習慣を改善して相乗効果を図るのが良いでしょう。

この記事でセルライトエステに関心を持たれましたら、ぜひ体験メニューやカウンセリングなどを試してみてください。

関連記事