スタッフブログ

2017年11月10日

さくらの森スタッフと行く!きまぐれ道中【vo.1】

御手洗(さくらもち制作部)

御手洗(さくらもち制作部)

 

街の喧騒を離れて、さあ、冒険にでかけよう!

 

 

 

『自分の安全は自分で守る』がフォレストアドベンチャーの大原則です。大人でも、子どもでも条件は同じ。

樹の上で自ら安全器具を操作し、自分で安全を確保して前へ進みます。ハラハラドキドキですが、それが最大の魅力。

ここでは、誰もが真剣に楽しむことができます。

 

『大人は子どもにかえり、子どもは大人になる』

 

今回は、そんな、フォレストアドベンチャーに向かいました!

 

 

 

森の中にはいると、そこはもう冒険の場所。

命綱だけを頼りに木に登ったり、綱を渡ったり、思いきって飛んでみたり。なかなか日常では経験できないことに挑戦できる。

 

インストラクターの方に安全講習と、道具の使い方を習ったら、あとは自分たちだけでコースを進めていく。

コースを体験する人は必ず全員ハーネスをつけ、それに2種類の命綱をつける。コースの一部に必ずどちらかの命綱を繋げている状態なので、絶対に安全だ。

……とはいえ、初めは高い不安定な場所にいるという恐怖と、命綱だけに命を預けるという心許なさに、尻込をしてしまった。

いざコースを進み出すと、一つ一つの行程が想像以上に楽しい。

自然と一体になるような感覚で遊んでいるうちに、いつの間にかわくわくする気持ちがドキドキを上回っていた。

真剣に、慎重に、でも大胆に。自分や仲間の新しい一面とも出会える時間を過ごすことができた。  

フォレストアドベンチャー(以下、パーク)最大の特徴は、森を森のままで利用できることだ。は環境への負荷を最低限に抑えて、森の良さを生かして作られている。

九年前に富士山麓の標高一一〇〇mの森に日本第一号のパークがオープン。それを皮切りに、パークをビジネスとして成立させ、その収益の一部を森林整備費にあてる、持続可能な森林管理を行う施設が全国の森に広がった。

森に合わせて施設を作っていくため、コースは同じでも、ひとつとして同じ内容のパークはない。 

皆さんも是非お近くのパークで自然と一体になって遊ぶ、非日常の体験をしてみてください!一度行くと必ずハマります。  

 

 

 

自然共生型アウトドアパークフォレストアドベンチャー糸島

http://fa-itoshima.foret-aventure.jp/

御手洗(さくらもち制作部)

この記事を書いた人

御手洗(さくらもち制作部)

さくらの森の会報誌「さくらもち」の企画編集、執筆、写真を担当。健康のその先にあるワクワクをお伝えできるよう日々奮闘中!

関連記事

新着記事