髪のこと

2017年12月20日

『正しい髪の乾かし方』をレクチャーします!

門脇(さくらコンシェルジュ)

門脇(さくらコンシェルジュ)

 

こんにちは、さくらコンシェルジュの門脇です。
 
 
\美容師歴17年のヘアサロンオーナー監修!/
今回は、前回美容師が教えるダメージを軽減するドライヤー方法
に引き続き、『正しい髪の乾かし方』をレクチャーしてもらいましたので、ご紹介いたします。
 
 
では早速。
 
 
 
①頭皮はしっかりタオルドライします
 
 
 
 
 
②毛先はまとめて優しくギュッとしぼる。これを数回繰り返し行います。
 
 
 
 
③ドライヤーで乾かしていきます。
※ドライヤーから髪までは10㎝以上離すこと☆彡
 
 
 
 
髪までの距離は10cm程度(熱くなりすぎないくらい)。
まずは、頭皮をしっかり乾かします。
 
今回の一番のポイントは、
頭皮や根元を先に乾かすこと
 
頭皮や根元を先に乾かすことで、毛先は自然と乾いてきます。
 
毛先はダメージを受けやすいので、極力ドライヤーの熱を当てないようにしましょう。
 
 
ドライヤーは、風穴が後ろにあるタイプが、風量が強いのでおすすめ。1200wあれば十分です。
 
 
 
 
最近、ハーブガーデン(ヘアケアシリーズ)をご利用のお客様からよくいただく質問について
こちらでもお答えさせていただきますね!
 

 

Q:「 どんなドライヤーを選んだら良いですか?」

 
A:風量が強いものを選びましょう!
 
 
様々な機能を持つドライヤーがたくさんありますが、
何よりもまずは風量が強いものを選びましょう!
 
熱からダメージを防ぐために、ドライヤーと髪との距離は最低でも10㎝は離したほうが好ましいでしょう。
そのため、風量が強くないと、髪にしっかりと風が届かず、なかなか髪が乾きません。
 
熱を当てる時間が長くなれば髪に負荷がかかります!
 
また、中途半端に乾かして生乾きになると、
雑菌が繁殖してニオイやトラブルの原因になりますよ。
 
 
 
 いかがですか~?
 
 

門脇(さくらコンシェルジュ)

この記事を書いた人

門脇(さくらコンシェルジュ)

関連記事

新着記事